MENU

業務スーパーの『牛やわらか焼肉』はクセ強いけど味付け次第でごはんの友に

業務スーパーの『牛やわらか焼肉』はクセ強いけど味付け次第でごはんの友に

業務スーパーで販売されている『牛やわらか焼肉(牛肉成型肉)』をご存じでしょうか。

オーストラリア産牛肉を使用した、冷凍の成型肉です。強火でサッと焼けばそこそこ美味ながら、油が強くて好みを分ける風味となっています。

目次

価格・内容量は?

冷凍肉食材コーナーで見かける『牛やわらか焼肉(牛肉成型肉)』は599円(税込、税抜555円)。

内容量は500gで、薄く成形された冷凍牛肉が20枚前後入っています(個体差あり)。コスパ(単価)は100gあたり約120円。製造者はミート丸真あさぎり工場、販売者は神戸物産。

最近の価格は?

『牛やわらか焼肉(牛肉成型肉)』は時期によっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格(コスパ)備考
2017年09月579円(約116円/100g)500g・当時のレビュー
2021年05月599円(約120円/100g)500g
2024年01月743円(約149円/100g)500g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

成型肉?

成型肉とは、細かい屑肉や内臓肉を結着剤で固めた食肉のこと(結着肉)。本品は薄めに加工されてますけど、要はサイコロステーキ(わりと成型肉が多い)と同じものです。

調理方法は?

調理はフライパンやホットプレートで加熱するだけ。特に成型肉は食中毒のリスクが高いので、中心までちゃんと火を通しましょう。

ただし、本品は長く加熱すると脂分が溶けて、大量の油が滲み出てしまいます。なるべく強火でサッと焼き上げるのがおすすめです。

風味も食感も……

基本的にはやわらか食感。短時間でサッと焼けば、それなりの歯ごたえは残ります。

反対に、弱~中火でだらだら加熱してしまうと、滲み出た大量の油がハネまくって危険なうえ、脂分が抜けることで食感もボソボソに……。

焼き方次第でかなり印象の変わる商品です。

2017年にご紹介した際と比較して、原材料表示などに変化はほとんど見当たらず。若干値上がりしただけですね。

下味はガーリックが強く、軽く醤油や七味を加えるなどの調味次第でご飯ががっつり進みます。及第点の簡単おかずですけど、油が強いクドめの味づくりと、焼き方にコツが必要な扱いづらさ。人を選ぶ一品と言えるでしょう。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 豪州産牛肉を薄く成型加工した冷凍食肉
  • 味付けと旨味が濃く、そのままでもご飯おかずになるけど、風味に若干クセがある
  • 歯ごたえが弱い柔らか食感で、脂分が落ちすぎないよう焼き方にも注意する必要あり
  • 手軽さを重視するならアリだけど、クオリティ的には『牛バラ切り落とし』(500g・678円)などのほうがおすすめ

カロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり285kcal(たんぱく質 17.3g、脂質 21.6g、炭水化物 2.3g)。本品をたっぷり150g(約428kcal分)使った丼メシを作るとしたら、普通盛りごはん(200g=約290kcal)で約718kcalです。なかなか重い……!

商品の評価と詳細情報

牛やわらか焼肉(牛肉成型肉)
総合評価
( 2.5 )
スクロールできます
内容量500g
カロリー100gあたり285kcal(たんぱく質 17.3g、脂質 21.6g、炭水化物 2.3g、食塩相当量 1.0g)
製造者ミート丸真あさぎり工場
販売者神戸物産
原材料牛肉(オーストラリア産)、麦芽糖、でん粉、食塩、粉末卵白、スパイス調味料(食塩、胡椒、ガーリック粉末、醤油、パプリカ、レッドベルペッパー、唐辛子、オニオン粉末)、植物油脂/トレハロース、焼成カルシウム、酸味料、調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・卵・大豆・牛肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次