業務スーパーの『バルト海いわし』はひとくちサイズでアレンジしやすい便利食材

業務スーパーで販売されている『バルト海いわし』をご存じでしょうか。

ラトビア原産の冷凍魚介。ヨーロピアンスプラットというニシン科の小魚です。オイルサーディン缶詰などに使われる品種ですね。ふわふわ系の食感で、軽めのおかず・おつまみ食材としても活用しやすい一品ですよ。

業務スーパー|バルト海いわし|213円

業務スーパーにて213円(税込、税抜198円)で販売中です。内容量は500g、カロリーなどの栄養成分表示は未記載。神戸物産がラトビアから輸入・販売するプライベートブランド品になります。

約10cmほどのマイナーな小魚です。同ボリュームの冷凍小魚には『子持ちカラフトししゃも』(500g・429円)『わかさぎ』(500g・321円)があります。これらと比較すれば、業スー品のなかでも格安といえる価格設定ですね。

冷蔵庫に1時間前後置いて半解凍したら、レシピに応じた方法で加熱調理するだけ。一口サイズで身は薄く、ふわっと軽めの食感です。いわし特有の臭みはない代わりに、若干苦味が強め。わりと脂が乗っていて、そこそこの旨味が感じられます。

そのままグリルで塩焼きにするだけでも、軽いおつまみにはバッチリなおいしさ。小骨はそれなりに感じるけど、気にならない程度。皮目を含めて、パリッとした口当たりに仕上がります。食感的に一番近いのは子無しのししゃもですね。

オイリーで柔らかいため、皮目が切れやすく、加熱しすぎると腹から裂けやすい点も要注意。それ以外は無難なクオリティです。生姜煮、唐揚げ、南蛮漬けなどのレシピにアレンジ可能で、価格以上の使い勝手ではありますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ラトビアから輸入された10cm前後の冷凍小魚(ヨーロピアンスプラット)
  • 脂のりの良さと強めの苦味が個性的で、軽めのおかず・おつまみ用途に使いやすい
  • 身が薄いふわふわ系の食感で、ちょっと頼りないけど価格を考えれば悪くないクオリティ
  • もう少ししっかりした食感が好みなら『子持ちカラフトししゃも』(500g・429円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■原産国|ラトビア ■輸入者|神戸物産 ■原材料|ヨーロピアンスプラット