業務スーパーの格安4食『麺國なまそば』はどうなの? コシ・風味をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『麺國なまそば』をご存じでしょうか。

常温タイプのそばが4食入り。そばというよりは細うどんのような、もっちりしたコシの強さです。わりと旨味も濃いめですけど、小麦粉が多いもったり系の食感。若干好みを選ぶ格安食材ですね。

業務スーパー|麺國なまそば|199円

業務スーパーにて199円(税込、税抜185円)で販売中です。4食分のそばが個包装されて、内容量は800g(1食200g)。カロリーは100gあたり304kcal(炭水化物 63.5g、食塩相当量 1.6g)。コスパ(単価)は100gあたり約25円、1食あたりだと約50円。販売者は神戸物産、製造者は麺三。

なまそばという商品名ですが、そば粉だけで打った生蕎麦(きそば)というわけではなく、公正競争規約で定義された生めん類のそば(そば粉30%以上、小麦粉70%以下の割合で製麺したもの)に該当する(参考)、製麺後は未加工の常温品という意味にすぎないようです。保存料は加えられているものの、乾麺よりも賞味期限は短く、1ヶ月ちょっと保存できます。

調理はなるべく大きめの鍋に2リットルの熱湯を沸騰させ、本品1食分を3~4分ほど茹でたら、ざるに移して冷水で締めればOKです。冷凍タイプの『そば』(1kg・266円)を茹で直すのに比べて、相当多めの水量が必要なので要注意。姉妹品の『さぬき麺國生うどん』(800g・199円)と同じ要領になります。

ゆで加減で変わってきますけど、基本はもっちりとしたコシの強い食感です。原材料欄を見ると、そば粉よりも小麦粉のほうが先に表記されており、割合的には小麦粉のほうが多い模様。この点は普通の乾麺と変わりなく、手打ちの本格感はなし。爽やかなすすり心地も感じづらく、小麦粉過多のもったり重い印象になりがちですね。

パッケージ裏には茹でると蒸発すると表記されているものの、保存料に使用された酸味料の匂いが微妙に残りがち。どこかクセの残る風味です。不味くはないけど、美味しく茹で上げるのには慣れが必要かと。しっかり系の旨味と食感が好みでしたら、試してみてもいいかと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 茹でる前の状態で4食分入った、常温保存タイプのそば
  • つるっとしたすすり心地だけど小麦粉の強い食感で、そばというより細うどんに近いもっちり感
  • しっかりした旨味と食べごたえはあるので、簡単なかけそばやざるそば用には問題なく使える
  • 調理の手軽さを含めて、冷凍タイプの『そば』(1kg・266円)のほうが無難な選択肢

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|800g(4食入) ■カロリー|100gあたり304kcal(たんぱく質 8.7g、脂質 1.7g、炭水化物 63.5g、食塩相当量 1.6g) ■製造者|麺三 ■販売者|神戸物産 ■原材料|小麦粉(国内製造)、そば粉、還元水飴、食塩/酒精、酸味料、加工澱粉、(一部に小麦・そばを含む)