業務スーパーの『キムチ鍋つゆ』は格安だけど良バランスのまろやか旨辛で使いやすい

業務スーパーで販売されている『キムチ鍋つゆ』をご存じでしょうか。

唐辛子や牛肉だしをベースにした鍋スープです。見た目よりも辛味控えめで、まろやかタイプの旨辛テイスト。以前紹介したあとリニューアルされていたので、あらためて使い勝手をチェックしてみました。

業務スーパー|キムチ鍋つゆ|95円

業務スーパーにて95円(税込、税抜88円)で販売中です。内容量は800g(ストレートタイプで3~4人前)。カロリーは100gあたり21kcal(炭水化物 3.9g、食塩相当量 1.7g)。販売は神戸物産、製造はマスゼン(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

『キムチ鍋の素』(800g・83円)のリニューアル品。「○○鍋の素」シリーズが「○○鍋つゆ」シリーズに置き換わったもの。時期や店舗によって83円~104円あたりまで価格に振り幅があるシリーズですが、2021年11月現在は95円で見かけるところが多い印象です。

調理方法は本品をよく振ってから開封し、鍋に注いで火にかけたら好みの具材を入れていくだけ。かなりまろやかな味付けのチゲ風スープで、辛味よりも甘味が強いほど。リニューアル前と方向性は変わらず、ライトな甘辛系の味わいです。

以前よりも牛肉だしと味噌の主張が強くなっており、旨味とコクがしっかりしたベースに。そのぶん唐辛子のピリッとした刺激は埋もれがちで、辛味好きの方だと物足りない感じ。良くも悪くも優しい印象がほんのり増しています。

価格のわりにはバランスの良い旨辛感で、わりと万人受けするタイプ。大雑把に具材を入れても雑炊にしても無難においしく食べられます。カロリーなどが若干上がっているものの、お味はそこまで変わっていないので、引き続き手堅い選択肢には入りますね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • キムチ風のベースで甘辛く仕上げたパウチ入り鍋つゆ
  • ピリ辛程度の控えめな刺激感で、甘味のほうが前に出たマイルドな旨辛感
  • 以前より旨味が濃くなり、シリーズの中では万人受けするポジションは相変わらず
  • 辛味を重視するなら『火鍋の素』(800g・138円)などがおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|800g ■カロリー|100gあたり21kcal(たんぱく質 0.8g、脂質 0.2g、炭水化物 3.9g、食塩相当量 1.7g) ■製造者|マスゼン ■販売者|神戸物産 ■原材料|キムチの素(ぶどう糖果糖液糖、食塩、唐辛子、オキアミ、その他)(中国製造)、果糖ぶどう糖液糖、牛肉だし、みそ、かつお節エキス、牛肉エキス調味料/調味料(アミノ酸等)、酸味料、着色料(カラメル、紅麹)、香辛料抽出物、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・牛肉・大豆・豚肉・魚醤(魚介類)を含む)