MENU

業務スーパーの『いんげん』はどうなの? 使い勝手・風味・コスパをチェックしてみた

業務スーパーの『いんげん』はどうなの? 使い勝手・風味・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『いんげん』をご存じでしょうか。

中国原産の冷凍いんげんです。さやと筋を除去したうえで、軽く湯通しを済ませたタイプ。しんなりした歯ざわりとあっさりした風味があり、各種料理の彩りに手早く使いやすい一品ですよ。

目次

価格・内容量・コスパは?

『いんげん』は213円(税込、税抜198円)で販売中。内容量は500g。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約43円。一般スーパーの冷凍いんげんは安い商品で約75円/100g程度。本品は十分手頃な価格と言えます。

カット済みタイプの『カットいんげん』(500g・149円・約30円/100g)のほうが安めなので、コスパを最重視したい場合はそちらを探すのもおすすめです。

調理方法は?

おおまかな下処理は済ませてある商品ですから、基本はそのままレシピに応じた方法で加熱調理すればOK。カットはされていないので、気になる場合は食べやすい大きさに切ってから使いましょう。

解凍時に滲み出る水分は少量なので、他の食材と一緒に冷凍状態のまま加熱しても問題ありません。炒め物にも手軽に使えます。

風味や食感は?

青臭さを抑えた風味で、あっさりしたくせのない味わい。生鮮品に比べてほのかに淡白な印象はありますが、味しみも良いですし、特にこだわりがなければ気にならない水準かと思います。

食感はしんなり柔らかめ。シャキシャキした歯ざわりはちゃんと残っているものの、やや芯が弱くて頼りなさを感じなくもない口当たりです。鮮度感を含め、総合的なクオリティは平均点といったところですね。

煮物の彩り用にも使いやすい

彩りを兼ねて料理に添える用途にはぴったり。例えば里芋や鶏肉と一緒に煮物にすると、しっかりと味が行き渡って優しいおいしさに仕上がります。

脇役的な食材ですし、500gは多めに感じるものの、賞味期限(約2年)は気にせずに消費できます。ごま和えなどのサラダ・和え物にメインで使ったり、炒め物の具材にしたり。活用度は十分高めなので、気軽に買ってOKな商品ですよ。

カロリーは?

カロリーも確認しておきましょう。

『いんげん』は100gあたり26kcal(脂質 0.2g、炭水化物 5.5g)。写真のボリュームで100gです。本数にすると20本前後。料理に使う際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

いんげん
総合評価
( 4 )
内容量500g
カロリー100gあたり26kcal(たんぱく質 1.8g、脂質 0.2g、炭水化物 5.5g、食塩相当量 0g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料いんげん
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次