業務スーパーの1kg『大豆水煮』はボリュームアップに重宝する超コスパ食材(スープ・カレー・サラダなどに)

業務スーパーで販売されている『大豆水煮』をご存じでしょうか。

水で戻した大豆が1キロ詰まった大ボリューム食材です。そのまま使える常温品(開封後は要冷蔵)。野菜スープの追加具材にしたり、豆サラダの主役にしたりと活用度高め。料理のボリュームアップ用途に幅広く使える一品ですよ。

業務スーパー|大豆水煮|257円

業務スーパーにて257円(税込、税抜238円)で販売中です。内容量は1kg、カロリーは100gあたり145kcal(脂質 7.2g、炭水化物 7.8g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約26円。業スーの大豆類は、同容量の商品である『北海道産 大豆』(1kg・494円)、ミニパックの『サラダ大豆』(80g・73円)などがラインナップされています。その中でも本品は際立ったコスパ感と言ってよいかと。

すでに炊き上げられているので、下処理はほぼ不要。煮汁がゼラチン状に固まっていたりしますが、豆の成分が溶け出したものなので品質上は問題ありません。口当たり的には微妙に気になるので、軽い水洗いは必要ですね。あとはそのまま好みの料理に投入すればOK。

添加物は使用されておらず、大豆を食塩で調えただけ。ほっくりした食感と素朴な旨味が楽しめます。

これといって個性はないので、やはり魅力は活用度の高さ。スープ、サラダ、カレー、レトルトソース類などのボリュームアップには特に便利ですね。和食にも洋食にも簡単にバリエーションを加えられます。

パッケージ裏には五目煮のレシピが記載されています。もっと手軽に、めんつゆでサッと煮て単品の煮豆にしてもOK。そのままでも柔らかな食感なので、煮込み調理の場合も短時間で問題ないですね。

開封後は日持ちしませんが、冷凍保存(1ヶ月程度)も可能です。料理好きなら必須レベルの時短食材かと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 中国原産の大豆を水で戻した大ボリューム食材
  • 煮豆、サラダ、スープ、カレーなど和洋問わず幅広い料理にそのまま活用できる便利さ
  • 軽い水洗いと冷凍保存の手間さえ我慢できれば、コスパ優秀な時短食材として重宝する
  • 彩りの良さを重視するなら『サラダ豆』(500g・170円・34円/100g)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|1kg ■カロリー|100gあたり145kcal(たんぱく質 12.9g、脂質 7.2g、炭水化物 7.8g、食塩相当量 0.2g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|大豆(遺伝子組換えでない)、食塩