業務スーパーの『バラエティ盛り串揚げ』は居酒屋気分になれる12本おつまみセット

業務スーパーで販売されている『バラエティ盛り串揚げ』をご存じでしょうか。

6種類の串揚げを取り合わせた冷凍食品です。鶏肉や白身魚の旨味、うずら卵のほっくり感と、バリエーション豊かな一品。クオリティもボリュームもそこそこ止まりですけど、居酒屋気分なおつまみが欲しい時には便利ですよ。

業務スーパー|バラエティ盛り串揚げ|300円

業務スーパーにて300円(税込、税抜278円)で販売中です。6種類の串揚げが2本ずつ入って合計12本、内容量にすると190g。カロリーは一番高い鶏肉串で1本あたり34kcal(脂質 1.3g、炭水化物 3.2g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約158円。最近あまり見かけない気がしますけど、近い商品に『お弁当用バラエティー串フライ』(300g・318円・106円/100g)があります。コスパ的には本品のほうがちょい割高ですね。

調理は170℃の油で約4分30秒加熱するだけ。うずら卵串、鶏肉串、白身魚串、えび串、かぼちゃ串、れんこん串の6種類。バリエーションは豊富ですけど、1本ずつはひとくちサイズ。ボリューム感はいまひとつですね。

かぼちゃ串はほくほくアツアツ、れんこん串は密度感のあるシャキシャキ感。うずら卵串は白身の弾力のあとに黄身のふっくら柔らか感が続き、いずれも食感には個性があって飽きずにつまめます。

全体的に風味は淡白なので、ソースなどの味付けは必須ですね。

鶏肉串は胸肉っぽいあっさりした旨味。白身魚串はふんわりサクサクで香りも上品ですが、えび串は身が小さくて衣の食感しか感じない仕上がり。

まぁ、当たり外れがある取り合わせと言えるでしょう。もう少しボリュームがあれば許せますけど、総合点は正直低め。食感重視であれば買ってOKなおつまみ食材ではあります。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 6種類の具材を組み合わせた冷凍串揚げアソート
  • いずれもサイズは小粒ながらサクサクアツアツで、食感の平均点は高め
  • クオリティと食べごたえは平均以下だけど、晩酌のお供にバリエーションが欲しい時にはまあまあ便利
  • ボリューム感を重視するなら『豚たまねぎ串カツ』(350g・321円・約92円/100g)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|190g(12本入) ■カロリー|【うずら串】27kcal(たんぱく質 1.2g、脂質 1.2g、炭水化物 2.7g、食塩相当量 0.1g)【とり串】34kcal(たんぱく質 2.1g、脂質 1.3g、炭水化物 3.2g、食塩相当量 0.2g)【白身魚串】21kcal(たんぱく質 2.2g、脂質 0.2g、炭水化物 2.7g、食塩相当量 0.1g)【えび串】16kcal(たんぱく質 1.7g、脂質 0.1g、炭水化物 1.9g、食塩相当量 0.1g)【かぼちゃ串】22kcal(たんぱく質 0.6g、脂質 0.1g、炭水化物 4.8g、食塩相当量 0.1g)【れんこん串】20kcal(たんぱく質 0.5g、脂質 0.1g、炭水化物 4.3g、食塩相当量 0.1g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|【うずら串】うずら卵、麦芽糖、衣(パン粉、でん粉、食塩)/ソルビトール、トレハロース、調味料(アミノ酸)、(一部に卵・小麦・大豆を含む)【とり串】鶏肉、でん粉、食塩、こしょう、衣(パン粉、でん粉、食塩)/ポリリン酸Na、カゼインNa、調味料(アミノ酸)、乳化剤、(一部に乳成分・小麦・大豆・鶏肉を含む)【白身魚串】スケソウダラ、衣(パン粉、小麦粉、でん粉、食塩、こしょう)/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・大豆を含む)【えび串】バナメイえび、食塩、衣(パン粉、小麦粉、でん粉、食塩、こしょう)/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・えび・大豆を含む)【かぼちゃ串】かぼちゃ、衣(パン粉、小麦粉、でん粉、食塩、こしょう)/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・大豆を含む)【れんこん串】れんこん、食塩、衣(パン粉、小麦粉、でん粉、食塩、こしょう)/調味料(アミノ酸)、クエン酸、漂白剤(亜硫酸塩)、(一部に小麦・大豆を含む)