業務スーパーの『プルコギ』は味濃いから肉野菜炒めにするとちょうどいい焼肉おかずに

業務スーパーで販売されている『プルコギ』をご存じでしょうか。

牛・豚肉のスライスを甘辛く味付けした冷凍惣菜です。味付け濃いめで野菜の追加は必須。食感のクセもあって微妙に使いづらいものの、手頃で重宝する食材です。以前紹介してから時間が経ったので、あらためてお味をチェックしてみました。

業務スーパー|プルコギ|473円

業務スーパーにて473円(税込、税抜438円)で販売中です。内容量は500g、カロリーは100gあたり281kcal(脂質 18.9g、炭水化物 13.8g)。販売は神戸物産、製造はターメルトフーズ(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

以前紹介した商品は399円(税込)だったので、74円の値上がりです。コスパ(単価)は100gあたり約95円。『豚生姜焼き』(500g・429円・約86円/100g)などのシリーズ品に比べると高めのポジションですね。

 

調理方法は冷蔵庫で軽く自然解凍したあと、フライパンで加熱するだけ。加熱時には肉に染み込んだタレが滲み出てきます。単品で炒める場合は余計な水分になるので、見栄えを重視するなら捨ててもOKです。

とはいえ、野菜を追加して一緒に炒めれば無駄なく味が行き渡ります。単品では味付けが濃すぎるのもありますし、カット野菜だけでも追加したいところ。パッケージ裏のレシピを参考に、玉ねぎ、にら、もやし、人参などをざっくり投入するのが無難ですね。

豪州産牛肉と米国産豚肉をミックスした商品。豚肉はタンルート(舌の根本)というマイナー部位です。牛肉はしっとりした柔らかさ、豚タンルートはコリコリした弾力食感。独特のクセがある口当たりで、食感の個性と味付けの濃さが若干好みを選びます。

以前よりも肉のスライスが細かくなった印象はあるものの、味付けは相変わらず。醤油ベースにりんご果汁と生姜の香りを効かせた、インパクトのある甘辛テイストです。にんにくとごま油も主張するので、とにかく濃厚。

ちょっと大雑把な味付けですけど、それさえ許せれば手軽で優秀なご飯おかずになりますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 豪州産牛肉と米国産豚肉を甘辛く味付けした冷凍プルコギ
  • 細かな薄切り肉に不釣り合いなほど味が濃く、野菜などの具材追加がほぼ必須
  • 独特のコリコリ食感と焼き肉風の味付けで、ご飯おかず用途には及第点
  • お肉のクオリティを重視するなら『豚生姜焼き』(500g・429円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり281kcal(たんぱく質 11.8g、脂質 18.9g、炭水化物 13.8g、食塩相当量 1.6g) ■製造者|ターメルトフーズ ■販売者|神戸物産 ■原材料|牛肉(オーストラリア産)、豚タンルート(アメリカ産)、しょうゆ、砂糖、果糖ぶどう糖液糖、濃縮りんご果汁、たん白加水分解物、しょうがペースト、ねぎ、ごま油、にんにくペースト、ごま、食塩、こしょう/甘味料(ソルビトール)、調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・牛肉・大豆・豚肉・りんご・ごまを含む)