業務スーパーの『焼上ハンバーグ』はどうなの? 味・食感・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『焼上ハンバーグ 100g×8個入』をご存じでしょうか。

鶏肉、牛肉、豚肉のひき肉をミックスした冷凍ハンバーグです。標準的なサイズ感と素直な味付けで、どこを取っても平均点の仕上がり。業スー品のなかでも安さが際立った商品なので、手頃さを重視するなら優秀な選択肢に入りますよ。

業務スーパー|焼上ハンバーグ 100g×8個入|318円

業務スーパーにて318円(税込、税抜295円)で販売中。冷凍ハンバーグが8個入って、内容量は800g(1個100g)。カロリーは100gあたり180kcal(脂質 9.8g、炭水化物 10.2g)。販売は神戸物産、製造はノースイ。

コスパ(単価)は100gあたり約40円。『あらびきハンバーグ』(960g・408円・約43円/100g)と並んで、トップクラスの格安ハンバーグです。ちなみにミニサイズのハンバーグも含めると、『焼上ミニハンバーグ(お弁当用)』(900g・318円・約35円/100g)がさらに優秀なコスパとなっています。

調理方法は180℃に熱したオーブンで約9分ほど温めるか、ラップをかけてレンジ(500W)で1個あたり2分50秒ほどチンするだけ。揚げ調理やフライパン加熱もOKとのこと。オーブンやレンジだと焼き目が付きづらいので、フライパンで表面がカリッとなるまで焼き上げるのもおすすめです。

鶏、牛、豚の挽き肉を使用したハンバーグです。表面の歯ざわりは焼き目の付け方次第で変わりますけど、中のお肉はしっとりふんわりした食感。鶏肉の風味が強いのと相まって、どことなくつくねを思わせるチープな口当たりです。

とはいえ、魚肉ハンバーグのようなツルッと柔らか食感ではなく、最低限の粗挽き感は感じられます。ジューシーさが弱いので、いずれにせよ価格相応といったクオリティながら、そこまでの残念さは感じない仕上がりですね。

玉ねぎの甘みと軽い塩気を感じる、下味の付いた味わい。お肉の旨みが弱いので、そのまま食べると淡白な印象です。メインのご飯おかずにするなら、付け合せを作ったりバター醤油などで濃いめに味付けしたりと、何かしら工夫が必要かと。ケチャップやソースをたっぷり付けてお弁当おかずにするのが無難な使い方かと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 鶏ひき肉をメインに使用した冷凍ハンバーグ
  • 鶏肉のあっさりした旨みとふんわり軽い食感で、若干のチープさは否めない
  • しっかり味付けすれば手堅い味に仕上がるので、格安おかずとしては及第点
  • 食べごたえを重視するなら『あらびきハンバーグ』(960g・408円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|800g ■カロリー|100gあたり180kcal(たんぱく質 11.7g、脂質 9.8g、炭水化物 10.2g、食塩相当量 1.2g) ■製造者|ノースイ ■販売者|神戸物産 ■原材料|食肉(鶏肉(国産)、牛肉、豚肉)、粒状大豆たん白、たまねぎ(中国、日本)、つなぎ(パン粉、小麦粉)、牛脂、しょうゆ、砂糖、食塩、香辛料/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、(一部に小麦・乳成分・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉を含む)