MENU

業務スーパーの『食べるおかず調味料 赤のにんにく』はご飯がすすむの? 風味や食べ方をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『食べるおかず調味料 赤のにんにく』をご存じでしょうか。

スライスしたにんにくをラー油に漬け込んだ調味料です。「食べるラー油」系の商品としては、にんにく自体の甘さが強いちょっと個性的な味わい。辛味も強すぎないですし、ご飯のお供や中華の味付けに使いやすい一品ですよ。

目次

『食べるおかず調味料 赤のにんにく』の価格は?

『食べるおかず調味料 赤のにんにく』は321円(税込、税抜298円)で販売中。内容量は180g。カロリーは100gあたり413kcal(脂質 41.1g、炭水化物 8.4g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約178円。『戦う男の食べるラー油』(180g・300円・約167円/100g)『うますぎっ!! にんにくザーサイ』(180g・267円・約148円/100g)など、類似した調味料に比べるとちょい高めのポジションです。

『食べるおかず調味料 赤のにんにく』の味・食感は?

スライスにんにくをメイン具材に、フライドオニオンやフライドガーリックを足してラー油に漬けたもの。カリカリ感よりもシャキシャキ感が立った食感は個性的ながら、ベースはおなじみの「食べるラー油」的な旨辛テイストです。

細かく刻まないしっかりした大きさのにんにくを使っているので、このタイプの商品の中では素材の味がストレートに立った味わい。ラー油の辛味は意外とまろやかで、にんにく独特の甘みを引き立てるバランスとなっています。

中華トッピングにもメシともにも使いやすい

まったりした甘旨感なので、唐辛子の刺激感が好きな人だと物足りないかも。逆に、にんにくが好きならやみつき度高めのおいしさ。たっぷり使って白米をかっこみたくなる濃厚な味わいです。

食感に主張があるので、ラーメンや炒飯などのトッピングにも向いてます。特有の香りを料理にガツンと加えられますし、多めに使っても辛くなりすぎない感じ。見た目よりも活用しやすい優秀な調味料ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • スライスにんにくをメイン具材にしたラー油調味料
  • 香りとコク以上に、にんにくの甘みが立った個性的な濃厚テイスト
  • まろやかな甘辛感が好みを選ばず、中華料理を中心に活用しやすい
  • もう少し爽やかな味が好みなら『食べるおかず調味料 青のにんにく』(180g・321円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

食べるおかず調味料 赤のにんにく
総合評価
( 4 )
内容量180g
カロリー100gあたり413kcal(たんぱく質 2.3g、脂質 41.1g、炭水化物 8.4g、食塩相当量 2.3g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料にんにく、植物油脂、ぶどう糖、フライドオニオン、豆板醤、フライドガーリック、乾燥唐辛子/ソルビトール、調味料(アミノ酸等)、酸味料、乳酸Ca、香辛料抽出物、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・大豆・ごまを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次