MENU

業務スーパーにある『チーズドッグ』はカリとろ食感! ハマるジャンク系おやつフード

業務スーパーで販売されている『チーズドッグ』をご存じでしょうか。

アメリカンドッグの生地でチーズを包んだ冷凍食品です。カリカリもちもち食感で甘みが強い生地の中から、チーズの酸味がストレートに立ってくるジャンク系のおいしさ。インパクトのある小腹おやつが欲しいときにおすすめですよ。

目次

『チーズドッグ』の価格・コスパは?

『チーズドッグ』は559円(税込、税抜518円)で販売中。冷凍ミニドッグが20本入って、内容量は440g(1本22g)。カロリーは1本あたり75.8kcal(脂質 4.39g、炭水化物 7.19g)。販売・製造はフランクフーズ金沢。

以前紹介した際の商品も559円(税込)だったので、珍しく価格が変わっていない商品のひとつです。コスパ(単価)は100gあたり約127円。『ミニチーズドッグ』(400g・537円・約134円/100g)のほうがちょい安めですけど、価格も味も大差ないので、店頭で見かけたほうを選べば問題ないかと。

『チーズドッグ』の調理方法は?

凍ったままの本品を170℃の油で約5分揚げるだけ。表面が焦げやすいので、油の温度が高くなりすぎないよう要注意。こんがりきつね色になる程度が目安です。レンジ(500W)で5本あたり1分10秒ほどチンしてもOKですけど、食感がフニャッと柔らかくなるので、手間が許せるなら揚げ調理にしたほうが無難ですね。

『チーズドッグ』の味・食感は?

ミックス粉の分厚い衣でチーズソースを包んだシンプルな商品です。衣の表面はカリカリ、中はもっちり弾力強めで、一口サイズでもそこそこの食べごたえ。ソーセージは入っておらず、チーズの旨みとコクがストレートに楽しめるタイプですね。

生地のまったりした甘さと一体になったチーズの味わいはガツンと濃厚。プロセスチーズをベースにしており、特有の酸味とトロリとした口当たりがクセになります。ちょい単調なジャンク系のおいしさなので、調味料を足すならケチャップなどでよりこってり味に特化させるのがおすすめです。

以前紹介した商品との変更点として、販売・製造者が神戸物産からフランクフーズ金沢に変わっており、原材料も微調整されています。それでも味の方向性は以前と同じなので、濃厚ひとくちおやつが欲しい時には引き続きチョイスしてOKな一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

商品の評価と詳細情報

チーズドッグ
総合評価
( 4 )
内容量440g(22g×20本入)
カロリー1本あたり75.8kcal(たんぱく質 1.74g、脂質 4.39g、炭水化物 7.19g、食塩相当量 0.3g)
製造者フランクフーズ金沢
原材料衣(ミックス粉(小麦粉、コーンフラワー、砂糖、でん粉、食塩、大豆たん白)(国内製造)、植物油脂)、プロセスチーズ、揚げ油(大豆油)/膨張剤、乳化剤、増粘多糖類、香料、着色料(V.B2)、(一部に小麦・乳成分・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次