業務スーパーの99円『冷凍チキンライス』のおすすめ度は? 気になる味や具材をチェック

業務スーパーの冷凍食品に『チキンライス』がラインナップされているのはご存知でしょうか。

袋タイプのパッケージに詰まった、1人前の食べきり冷凍チキンライスです。トマトケチャップのほどよい甘酸っぱさとチキンの旨味でまとめた、家庭的で優しい味わいが特徴的。ライスの食感や具材のボリュームはイマイチですが、コンビニ冷食のチキンライスよりもコスパは優秀。手軽な小腹満たし要員としては、それなりに使いやすい商品かと思います。

業務スーパー|チキンライス|99円

おすすめ度 ★★★☆☆

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、99円(税込)で販売中。鶏肉やグリンピースを具材にしたシンプルなチキンライスが、内容量にして200g入っています。同価格帯のコンビニ冷凍ご飯よりも若干多めのボリュームで、悪くないコスパ感ではないかと。調理方法はお皿に移してラップをかけ、500Wのレンジで3分半チンするか、フライパンで中火にかけて3~4分炒めればOKです。

ふっくらパラパラというよりは、もっちりしっとり系の口当たり。油のベタつきは感じませんが、安っぽさは否めない食感です。メインのケチャップは甘さ控えめで、トマトの酸味や鶏肉の旨味もふんわりと混じり合い、さっぱり寄りの優しい甘酸っぱさにまとまっています。グリンピースの風味がアクセントになる程度で、具材の主張とボリューム感はかなり弱め。全体としてマズいわけではありませんが、あくまで価格なりのクオリティに留まる印象です。夜食に軽くつまむ分にはアリ、といったポジションでしょうか。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ケチャップと鶏肉でまとめた、シンプルな食べきり冷凍チキンライス
  • パラパラ感が足りない口当たりで、食感を重視するならどちらかといえばフライパン調理がいいかも
  • おとなしい味付けで食べやすく、手軽なランチや夜食としてはコスパ良好で悪くない
  • 食べきりサイズの手軽さを重視するなら本品、クオリティを重視するなら大ボリューム版の『チキンライス』(1kg・494円)がおすすめ

商品情報

  • 内容量|200g
  • カロリー|100g当たり161kcal(合計322kcal)
  • 製造者|全国農協食品
  • 原材料|精白米、トマトケチャップ、野菜(たまねぎ、にんじん、グリンピース)、鶏肉、砂糖、植物油脂(大豆を含む)、食塩、トマトペースト、チキンエキス、ショートニング、ラード(豚肉を含む)、植物性たん白(大豆を含む)、こしょう/調味料(アミノ酸等)、カロチノイド色素、乳化剤

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます(消費税率は掲載当時のもの)。あらかじめご了承ください。