業務スーパーの調味料『四川豆板醤』はハードな辛味で麻婆豆腐や野菜炒めにおすすめ

業務スーパーの調味料で『四川豆板醤(しせんとうばんじゃん)』はご存じでしょうか。

塩蔵唐辛子をメインにした、定番の中華調味料です。そら豆みそ、枝豆みその旨味をベースに、八角やシナモンなどのスパイスをプラス。野菜炒めや麻婆豆腐などのお料理を、華やかな風味に仕上げられる一品ですよ。

業務スーパー|四川豆板醤|159円

業務スーパーにて159円(税込、税抜148円)で販売中。瓶入りタイプの豆板醤で、内容量は180gです。コスパ(単価)としては100gあたり約88円の計算になります。ちなみに中国原産で、輸入者は神戸物産。

使い方はレシピに応じた分量で、そのまま料理に加えるだけ。麻婆豆腐や担々麺などの中華料理が鉄板ですね。麻婆豆腐なら、2~3人前で大さじ1程度が目安でしょうか。辛味は結構ハードなタイプで、ピリッと強い刺激感です。八角やクローブといった主張の強いスパイスが使用され、辛味と同じぐらいに香りも元気。入れすぎにさえ注意すれば、奥行きのある本格的な風味を楽しめます。

ホイコーローはもちろん、簡単な野菜炒めやスープの味付けに使ってもOK。本品だけで複雑な香りを付けられるのが便利ポイントです。少し気になるのは、そら豆みそと枝豆みその旨味が強い辛味に埋もれがちなところ。爽やかな陳皮と甘いシナモンの組み合わせも、人を選ぶ印象があるかも。インパクトの強い辛味調味料が好きな方にはおすすめですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 唐辛子をメインに八角など5種のスパイスを加えた四川風豆板醤
  • 味噌の旨味よりも辛味の刺激と香りの複雑さが際立った、少量でもかなり主張が強い風味
  • クセがあるスパイスの組み合わせで、単品で使うなら問題ないけど、他の調味料とやや合わせづらい
  • インパクトを重視するなら本品、コスパを重視するなら『豆板醤』(300g・199円)などがおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|180g ■カロリー|100gあたり52kcal(合計約94kcal) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|塩蔵唐辛子、そら豆みそ(小麦・大豆を含む)、枝豆みそ、八角、シナモン、陳皮、クローブ、山椒/調味料(アミノ酸等)、酸味料、パプリカ色素