MENU

業務スーパーの『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』は買ってOKの定番品! 香味豊かな上品タイプ

業務スーパーで販売されている『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』をご存じでしょうか。

イタリアから輸入されたトマトベースのパスタソースです。トマトとバジルとオリーブオイルをメインに、マリナラソース風にシンプルにまとめた味わい。バジルの香味が爽やかに広がる品の良い風味が嬉しい一品ですよ。

目次

『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』の価格・コスパは?

『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』は354円(税込、税抜328円)で販売中。内容量は680g。神戸物産がイタリアから輸入・販売する商品で、同国の食品メーカー・Di Vitaが製造している商品のようです。

以前(2019年)に紹介した際は297円(税込)だったので、当時と比べると19%ほどの値上がり。コスパ(単価)は100gあたり約52円。『トリノで作ったトマトパスタソース』(680g・321円・約47円/100g)よりもちょい高め。トマト&バジルソースは一般スーパーだと110円/100g程度で見かけるので、比較的安価ではありますね。

『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』の使い方は?

基本的には開封してそのまま茹でたパスタに和えるだけでOK。お好みで他の具材やパスタと絡めつつ軽く炒めても、香りが立っておいしく仕上がります。ちなみに常温品ですが、開封後は要冷蔵保存なので注意しましょう。

『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』はどんな味?

ざっくりした果肉感がある瑞々しいソースで、トマトの程よい酸味が素直に広がる味わいです。ガーリックや玉ねぎを使っていないせいか、普通のトマトパスタソースよりも輪郭が整った、すっきりと爽やかな風味。濃厚感よりは素材の良さを引き立てたタイプになります。

オリーブオイルとバジルの香りが上品な印象で、シンプルに完成度高め。香味にしつこさがない、本場感が漂うまとまりの良い味わいです。パスタにはもちろん、鶏肉などの煮込み料理でベースの味付けに使う用途にも便利ですね。

マカロニやペンネにも使えますが、さっぱり系なので太めのパスタに和えると若干淡白になりがち。アレンジは足しやすい味なので、適宜調整するのがおすすめです。値上がり幅も控えめですし、引き続き鉄板ソースの一つとして安心してチョイスできますよ。

『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『トリノで作ったトマト&バジルパスタソース』は100gあたり70kcal(炭水化物 9.0g、食塩相当量 1.2g)。スパゲッティ100g(約360kcal)と本品100gを合わせた場合は約430kcalです。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

トリノで作ったトマト&バジルパスタソース
総合評価
( 4.5 )
内容量680g
カロリー100gあたり70kcal(たんぱく質 1.0g、脂質 4.0g、炭水化物 9.0g、食塩相当量 1.2g)
原産国イタリア
輸入者神戸物産
原材料トマト、バジル、ひまわり油、オリーブオイル、砂糖、食塩/香料
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次