業務スーパーの『ビビン麺』のおすすめ度は? ソースの味や麺の風味をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『ビビン麺』をご存じでしょうか。

さっと茹でてタレを絡めるだけで作れる、インスタントの韓国風ビビン麺です。具材は無いけど格安で、辛すぎない甘辛タイプ。麺の風味がイマイチなので、安さを重視するのであればギリギリ買ってもいいかな……ぐらいの一品ですね。

業務スーパー|ビビン麺|127円

業務スーパーにて127円(税込、税抜118円)で販売中です。生麺が140g、別添のスープが30gで、内容総量は170g。カロリーは453kcal(炭水化物 97.0g)。同じく業スーに並んでいる農心『ふるる冷麺 ビビン冷麺』(159g・127円)とは同価格。手頃と言ってよい価格ですね。カロリーは453kcal。神戸物産が韓国から輸入・販売しているプライベートブランド商品になります。

沸騰したお湯で麺を約1分茹で、ザルに上げて水で締めたら、別添スープと絡めてお好みの具材と器に盛るだけ。コシのあるシコシコ食感は好印象ですけど、シリーズ品の『冷麺』(170g・127円)と同じく、かなり風味にクセがある麺です。開封時から漂うゴムのような匂いで、せっかくのマイルドな甘辛系スープも味が崩れがち。コチュジャンベースにりんご酢の爽やかさを加えた味付け自体は悪くないのに……。茹でる前に麺を軽く水洗いすれば多少マシになりますけど、そこまでしてチョイスするほどのクオリティではありませんね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 短時間で茹でられる生麺にスープが付属した、インスタントのビビン麺
  • 優しい後味の甘辛だれは爽やかだけど、麺の風味がイマイチで全体のバランスが悪い
  • キムチなどの口直しを添えれば食べられなくもないけど、基本的には避けたほうが無難
  • 少しボリュームが勝る以外は、『ふるる冷麺 ビビン冷麺』(159g・127円)に軍配が上がるクオリティ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|180g(めん140g) ■カロリー|453kcal ■原産国|韓国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|めん(小麦粉、小麦でん粉、食塩、そば粉)、果糖、砂糖、水あめ、しょうゆ、コチュジャン、食塩、調味粉末、唐辛子粉末、りんご酢、濃縮りんご果汁、香味油、ごま油、酵母エキス/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン)、かんすい、酒精、炭酸Ca、酸味料、パプリカ色素、pH調整剤、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・そば・大豆・りんご・ごまを含む)