業務スーパーの格安缶詰『いわし味噌煮』はどうなの? 味付けやおかず度をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『いわし味噌煮』をご存じでしょうか。

国産いわしを味噌だれで煮付けた魚介缶詰です。手頃な価格とシンプルな味付け。若干くどい甘めの味付けが気にならなければ、安定してチョイスできる簡単おかずですよ。

業務スーパー|いわし味噌煮|95円

業務スーパーにて95円(税込、税抜88円)で販売中です。いわしの固形量は90g、煮汁を含めた内容総量は150g。合計カロリーは260kcal(炭水化物 11.9g、食塩相当量 2.1g)。神戸物産が販売するプライベートブランド品。

一般スーパーのいわし味噌煮缶は、同ボリュームで116~136円程度の価格帯で見かけます。本品は比較的手頃ですね。『さば味噌煮缶詰』(190g・93円)などが並ぶ業スー缶詰類の中でも、格安品に入る部類です。

日本国内で水揚げされたいわしをタイで加工したという缶詰。味付けは味噌、砂糖、食塩のみで、パッケージイメージに写った生姜は入っていません。シンプルでクセはないけど、単調なので味噌の甘味が若干しつこく感じられます。

食感はかなり柔らかく、箸でつまむだけで簡単にほぐれます。身の厚さはもうひとつで、成人男性がおかずにするならご飯一杯にぴったり程度。脂のりは標準的で、素材の旨味はちゃんと感じられるクオリティです。

僅差ながら『いわし味付け缶』(150g・95円)のほうが完成度は高め。特に不味いわけではないので、格安おかずをストックしておきたい場合は、候補に入れてもOKですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 味噌ベースのシンプルな味付けで仕上げたいわしの煮付け缶詰
  • 素材の臭みはなく、骨まで食べられるとろとろの柔らかさで、格安おかずとしては及第点
  • 若干ベタッと後に残る単調な甘味で、『いわし味付け缶』(150g・95円)のほうがバランスの良い味付け
  • 活用度を重視するなら『いわしトマトハーブ漬け』(100g・116円)などもおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|150g(固形量90g) ■カロリー|260kcal(たんぱく質 18.3g、脂質 15.5g(n-3系脂肪酸 3.5g)、炭水化物 11.9g、食塩相当量 2.1g、カルシウム 420mg、EPA 1650mg、DHA 1200mg) ■原産国|タイ ■輸入者|神戸物産 ■原材料|いわし(国産)、みそ、砂糖、食塩/増粘剤(キサンタン)、(一部に大豆を含む)