MENU

業務スーパーの『つゆがけえび天ぷら』はミニ天丼におすすめ! 味付け濃くてしんなり食感

業務スーパーで販売されている『つゆがけえび天ぷら』をご存じでしょうか。

つゆを滲み込ませてあるタイプの冷凍えび天です。自然解凍かレンジ加熱で作れて、しかも味付け済みという手軽さが魅力的。衣の食感は柔らかめですけど、ご飯おかずにする用途であればそこそこ嬉しい一品ですよ。

目次

『阪神低温 つゆがけえび天ぷら』の価格・コスパは?


業務スーパーでは267円(税込、税抜248円)で販売中(関西エリア中心かも)。冷凍えび天ぷらが6尾入って、内容量は111g(1尾あたり18.5g)。カロリーは100gあたり198kcal(脂質 8.1g、炭水化物 21.3g)。原産国はベトナムで、輸入者はメリータイムフーズ、販売者は阪神低温。

似通った商品として『えび天ぷら 6尾』(126g・246円・41円/1尾)などもラインナップされています。比較すると本品は、味付け済みなのはアドバンテージだけどサイズが小さめ。コスパ感も特には際立たない価格です(本品は1尾あたり約45円)。

『つゆがけえび天ぷら』の調理方法は?

揚げ調理済みなので、凍ったままの本品を約2時間30分ほど常温に置いて自然解凍するだけで食べられます。お弁当に朝入れればお昼には解凍されてる感じ。レンジ加熱もOKで、500Wで4尾あたり約1分チンするだけで完成です。

『つゆがけえび天ぷら』はどんな味?

天つゆが滲みた衣は独特の口当たり。汁気を含んでしんなりした柔らかな食感です。やや厚いのでもったりした印象もあり、えびと衣の一体感も強め。えびのプリッとしたジューシーさは及第点でしょう。食感はもちろんつゆがけなので、揚げたてのサクサク感は一切ありません。

一方で味付けは素朴ながら悪くない仕上がり。醤油ベースに砂糖や鶏だしを足したつゆで、香りの良さなどは特に感じないものの、素直な甘みと旨みが全体に行き渡っています。隅々まで滲みており、しつこくない程度に濃いめの味わい。あえて別の調味料を足す必要は感じません。

サイズ的にお弁当に入れるとぴったりですし、ご飯にのせて手軽にミニ天丼を作る用途にも向いてます。麺類にトッピングする場合は、食感がよりクタクタになりがちですし、つゆとの相性によってはくどくなる印象。基本は簡単ご飯おかずとしてチョイスしてみてください。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 一口サイズのえびに衣を付けてつゆをかけた冷凍えび天
  • しんなりもっちりした柔らか食感で、サクサク感を重視するなら避けたほうが無難
  • 濃いめの甘みと旨みがあるご飯がすすむ味付けで、簡単調理で天丼気分を楽しめる
  • 食感の良さを重視するなら『えび天ぷら 6尾』(126g・246円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

つゆがけえび天ぷら
総合評価
( 4 )
内容量111g(6尾入)
カロリー100gあたり198kcal(たんぱく質 10.3g、脂質 8.1g、炭水化物 21.3g、食塩相当量 1.4g)
販売者阪神低温
輸入者メリータイムフーズ
原産国ベトナム
原材料えび、食塩、衣(小麦粉、食塩、砂糖、でん粉、植物性たん白、植物油脂)、たれ(しょうゆ、果糖ぶどう糖液糖、砂糖、食物繊維、醸造酢、チキンエキス、寒天)、揚げ油(パーム油)/加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、酒精、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、膨張剤、pH調整剤、乳化剤、(一部にえび・小麦・大豆・鶏肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次