業務スーパーの『小籠包』は厚皮もっちりでジューシー感弱めの無難おかず

業務スーパーで販売されている『小籠包』をご存じでしょうか。

豚肉と野菜の餡が詰まった、オーソドックスな冷凍小籠包です。かなり厚めのもっちりした皮で、小麦の風味が強すぎる感あり。若干好みを選ぶものの、全体的には無難な味わいの一品ですよ。

業務スーパー|小籠包|473円

業務スーパーにて473円(税込、税抜438円)で販売中です。冷凍小籠包が20個入って、内容量は500g、カロリーは100gあたり233kcal(脂質 8.9g、炭水化物 24.6g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約95円、1個あたりは約24円。同名・同ボリュームの商品である『小籠包』(500g・429円・約86円/100g)よりもちょい高い程度。どちらが置いてあるかは店舗次第ですけど、コスパは大差ないので見かけたほうをチョイスすればよいかと。

調理方法は本品を蒸し器に並べたら、お湯を沸騰させた鍋の上に置いて強火で約10分蒸すだけ。

蒸し器がない場合、クッキングシートや小皿の上に並べて鍋に蓋をする方法で代用してもOK。レンジ調理も可能ながら(500Wで約2分)、皮が硬くなる傾向。なるべく蒸し調理にしたいところです。

餡は粗挽き感のある豚肉メインで野菜の存在感は薄め。豚骨とごま油が効いた香ばしい味わいです。

ただしスープの量は少なく、厚い皮の小麦粉の風味が主張しすぎるバランス。弾力のあるモチモチ食感は悪くないものの、ジューシーさに物足りなさが残るクオリティですね。

タレや薬味にこだわれば十分美味しく食べられるけど、単品で見ると『正宗生煎包』(270g・429円・約159円/100g)などに比べて残念感あり。軽いおやつにつまんだり、中華スープの具材などにアレンジする用途には問題なく活用できますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 厚めの皮と粗挽き感のある豚肉が特徴的な冷凍小籠包
  • モチモチ弾力と歯ごたえがある硬めの皮で、チープなほど小麦の風味が強い
  • 餡のクオリティは悪くないけど肉汁感が足りず、好みを選ぶバランス
  • ジューシーさを重視するなら『小籠包』(500g・429円)のほうがおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり233kcal(たんぱく質 11.4g、脂質 8.9g、炭水化物 24.6g、食塩相当量 1.1g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|豚肉、小麦粉、野菜(たまねぎ、ねぎ、しょうが)、大豆たん白、豚骨スープ、オイスターソース、しょうゆ、ごま油、砂糖、食塩、こしょう/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・大豆・豚肉・ごまを含む)