業務スーパーの時短野菜『蒸キャベツ』はどうなの? 風味・食感・使い勝手をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『蒸キャベツ』をご存じでしょうか。

蒸し調理したキャベツを細かく刻んだ冷凍野菜です。かなり小さめのカットとしんなりした食感で、食べごたえは正直いまいち。時短食材としてサラダ、和え物、スープなどの具に活用しやすい一品ではありますよ。

業務スーパー|蒸キャベツ|127円


業務スーパーにて127円(税込、税抜118円)で販売中です。内容量は500g、カロリーは100gあたり20kcal(脂質 0.2g、炭水化物 4.6g)。コスパ(単価)は100gあたり約25円。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

蒸し調理済みなので、凍ったままの状態でレシピに応じて加熱するだけで使えます。蒸し鶏と和えてサラダにしたり、洋風スープの具材にしたり。加熱時に少し水分が滲み出るので、気になる場合は事前にレンジ解凍して水分を絞っておくのがおすすめ。

蒸したキャベツのしっとり食感は及第点。ただ、かなり細かいザク切りのため、食感の頼りなさが際立っているのは気になります。しんなり柔らかすぎて、どのレシピに使っても存在感が弱め。風味もほんのり甘い程度で、特筆点はありません。

パッケージ裏には関西のキャベツ焼き風にアレンジする、キャベツのベーコンチーズ焼きのレシピが記載。こうしたレシピに使えば、一応食べごたえは出せます。それでもとにかく地味なので、ヘルシー食材が必要な時の選択肢に留まりますね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 蒸したキャベツを細かく刻んだ冷凍野菜
  • 添加物を使用しておらず、素材の素朴な甘みと旨味が楽しめる
  • 水分を含んでしなっとした食感が頼りなく、サラダやスープの具材以外には使いづらい
  • 冷凍野菜のキャベツものとしては『芽キャベツ』(500g・138円)というチョイスも。強引ですが(笑)

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり20kcal(たんぱく質 0.9g、脂質 0.2g、炭水化物 4.6g、食塩相当量 0g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|キャベツ