業務スーパーの『赤魚 センターカット』は身がふっくらしていて煮付けがおすすめ

業務スーパーで販売されている『赤魚 センターカット』をご存じでしょうか。

中骨(センター)からカットされた冷凍赤魚の半身です。アイスランド原産なので、おそらくタイセイヨウアカウオ(市場魚貝類図鑑)。スーパーでも見かける品種で、焼き魚にはイマイチですけど、煮付けなどにするとおいしい一品ですよ。

業務スーパー|赤魚 センターカット|375円

業務スーパーにて375円(税込、税抜348円)で販売中です。半身にカットされた冷凍赤魚が4切れ入って、内容量は400g。カロリーなどの栄養成分表示は未記載。神戸物産がアイスランドから輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約94円。最近あまり見かけませんが、ロシア原産の『赤魚』(500g・429円・86円/100g)に比べると、若干コスパは落ちるポジション。中国原産の『骨とり赤魚 切身』(400g・429円・107円/100g)という商品もラインナップされており、そちらよりは手頃ですね。

冷蔵庫に1時間ほど置いて半解凍したあと、レシピに応じて加熱調理すればOK。表面に鱗が残っている個体があるので、下処理しておくのがおすすめです。半解凍したあとなら、包丁などで削ぎ落とすことができます。

淡白な旨味の白身魚です。しっかりと身が厚く、脂のりはそこそこ。やや小骨は残るものの、中骨からの身ほぐれが良く、簡単に取り外せるのは嬉しいところですね。

ただ、焼き魚にすると硬めに身が締まり、若干ボソボソしがちな印象。ここは使いづらいポイントです。主に粕漬けなどの漬魚に使われる品種なので、味噌で西京漬けにしても美味ですけど、ちょっと手間がかかります。

一番手軽においしく仕上がるのは煮付けで、脂の旨味とふっくらした食感が際立ちます(パッケージ裏に生姜煮のレシピも記載)。使い勝手は少し悪いですけど、総合的には無難に使える冷凍魚介ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 半身にカットされたアイスランド原産の冷凍赤魚
  • 肉厚で脂のりも及第点だけど、焼き魚にすると身が締まって食感が落ちやすい
  • それ以外のレシピなら問題ないので、特に煮魚や漬魚を作るときにチョイスしたい
  • 食べやすさを重視するなら『骨とり赤魚 切身』(400g・429円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|400g ■原産国|アイスランド ■輸入者|神戸物産 ■原材料|赤魚/酸化防止剤(エリソルビン酸Na)