MENU

業務スーパーの1kg『吉備高原どり 若どり手羽もと』はどうなの? 風味・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『吉備高原どり 若どり手羽もと』をご存じでしょうか。

国産鶏の手羽元が1キロ詰まった冷凍食肉です。手頃なのにしっかりサイズで旨味も濃厚。唐揚げ、グリル、煮込み料理などに使いやすく、クオリティ的にもソツのないおいしさですよ。

目次

業務スーパー|吉備高原どり 若どり手羽もと|626円

業務スーパーにて626円(税込、税抜580円)で販売中です。内容量は1kg、カロリーなどの栄養成分表示は未記載。加工者はグリーンポートリー(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。原料は岡山県産。まれに関東の店舗でも取り扱いがあるようですが、基本的には関西地方の業スー限定の商品です。

コスパは?

関東の店舗だと『上州高原どり 若どり手羽もと』(1kg・864円・約86円/100g)をよく見かけますね。コスパ(単価)は100gあたり約63円。本品のほうが安いものの、いずれも時期によって価格の変動が大きい印象なので、参考程度にどうぞ。一般スーパーの冷蔵手羽元は100gあたり80~100円程度のものが多いですし、十分手頃な部類かと。

下処理は?

グレース凍結(氷の膜を張る加工)がなされた商品。解凍時に多めの水分が出るかわりに、ドリップによる旨味の損失を最小限におさえたものです。冷蔵庫に2~3時間置いて自然解凍したら水分を切り、好みのレシピで加熱調理すればOKですね。

クオリティは?

一般的な冷蔵品と遜色のないサイズ感。肉付きや可食部の多さも同様です。加熱時に少し血が滲みますけど、気にならない程度。程よい脂肪と引き締まった肉質で、噛むほど旨味が増すような弾力感が楽しめます。

炒め物や照り焼きにする場合、中まで火が通りづらいのでちょい面倒。衣をつけて唐揚げにしたり、冷凍状態のまま煮物に使ったりする用途には便利ですね。

賞味期限も長いですし(約2年)、がっつり系の肉料理を作りたい時には重宝しますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 岡山県産の若鶏の手羽元が1キロ詰まった冷凍食肉
  • サイズ、旨味、食感ともに申し分なく、価格的にも手頃な部類に入る
  • やや肉質が締まって硬くなりやすいものの、煮物や揚げ物をメインに幅広く使いやすい
  • 使い切りやすさを重視するなら『吉備高原どり 鶏ももブツ切り』(500g・429円・約86円/100g)などもおすすめ

商品の評価と詳細情報

吉備高原どり 若どり手羽もと
総合評価
( 4.5 )
内容量1kg
加工者グリーンポートリー
原材料鶏手羽元
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次