MENU

業務スーパーの1kg『珈琲ゼリー』はどうなの? コーヒー度・食感・コスパをチェックしてみた

業務スーパーの1kg『珈琲ゼリー』はどうなの? コーヒー度・食感・コスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『珈琲ゼリー』をご存じでしょうか。

牛乳パック的容器にどっぷり1kg分を詰め込んだアレです。名物的な。ただ、重量級でも味はライト級。薄めのコーヒー味と弾力のある食感で、かなり食べやすくはありますね〜。

目次

価格・内容量は?

業スー名物「牛乳パックスイーツ」シリーズのひとつ『珈琲ゼリー』は257円(税込、税別238円)。内容量はシリーズおなじみの1kg。製造者の豊田乳業は、業スーを運営する神戸物産のグループ会社です。

最近の価格は?

牛乳パックデザート『珈琲ゼリー』は比較的安定したプライスですけど、徐々に静かに値上げはされてきています。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2016年04月170円1.0kg
2019年05月170円1.0kg・当時のレビュー
2023年01月257円1.0kg
2024年01月257円1.0kg
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

2024年1月追記)2016年当時の価格(税込170円)と比べると、24年1月時点では50%以上の値上げとなっていますそれでも「高い!」とは思わないわけですねぇ……。

意外と型崩れしない硬さ

そこそこ硬くまとまっているので、パックから取り出しても型くずれはしにくいかと。それにしてもこのパックスイーツシリーズ、少しずつ食べるのに向かないですよねぇ……。

どんな風味・食感は?

まず食感なんですけど、けっこう弾力があるんです。スプーンはスッと入らないし、そのまますくおうとしても抵抗が……。

まぁ、それが悪いとかではなく、そういう特徴を持ったコーヒーゼリーなんです(笑)。

で、お味のほうですが、ライトなコーヒー味と言えるでしょう。

濃厚なタイプではなく、薄口の甘い缶コーヒー的な味わいです。好み次第では、チープなフレーバーに感じるかも。

酸味や苦みといったコーヒー的特徴はかなり弱めで、物足りない気もするし、圧倒的に食べやすいとも言える、そんな味づくりとなっています。

ミルクをかけるのがおすすめ

どちらかというとミルクを加えて食べるのがおすすめ。味に少々コクが加わり、飽きにくいテイストになる印象です。

ライトなコーヒー味をお求めの人には、業スーオリジナルの『珈琲ゼリー』はちょうどよいかと思います。

カロリーは?

一応カロリーも確認しておきましょう。

公称値では100gあたり59kcal(たんぱく質 0.2g、脂質 0g、炭水化物 11.4g)。これならたっぷり200gくらい食べても(118kcal)重すぎることはないですねぇ(そんなに食べられるかは別として……)。

商品の評価と詳細情報

珈琲ゼリー
総合評価
( 3.5 )
スクロールできます
名称コーヒーゼリー
内容量1kg
カロリー100gあたり59kcal(たんぱく質 0.2g、脂質 0g、炭水化物 11.4g、食塩相当量 0.01g)
製造者豊田乳業
保存方法10℃以下で保存
原材料果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、黒糖みつ、コーヒー/ゲル化剤(増粘多糖類)、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK、アスパルテーム・Lーフェニルアラニン化合物)、乳化剤、(一部に大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次