業務スーパーにある1kg『チキンライス』はケチャップ強めのレトロな味わい

業務スーパーで販売されている『チキンライス』をご存じでしょうか。

鶏肉とグリーンピースを具材にした冷凍チキンライスです。ケチャップの甘味とトマトの酸味がとにかく前に出た、チープ寄りの濃厚テイスト。こってり系の洋食が好みなら、小腹満たし用途に買ってもいい一品ですよ。

真秀コールド・フーズ|チキンライス|516円

業務スーパーでは516円(税込、税抜478円)で販売中。2022年3月現在のセールでは505円(税込)に割引中です。内容量は1kg、カロリーは100gあたり162kcal(脂質 2.5g、炭水化物 30.6g)。製造・販売は真秀コールド・フーズ。

コスパ(単価)は100gあたり約52円。主に西日本エリアの業スーに並んでいる商品です。東日本ではニチレイフーズ製造の『チキンライス』(1kg・516円)を販売する店舗が多め。いずれも時期によって価格変動がある商品ですが、基本的に横並びのコスパ感です。ちなみにニチレイフーズ製のセール価格のほうが494円(税込)と若干安め。

調理方法は本品1人前(250g程度)を耐熱皿に平らに盛って、軽くラップをしたらレンジ(500W)で約4分40秒チンするだけ。中火にかけたフライパンで2~3分炒めてもOKです。

ニチレイフーズ製よりも鶏肉が小さいカットで、味付けもこってり寄り。ケチャップのまったりした甘さとコクがまんべんなく行き渡っています。鶏出汁とトマトで下支えした、わりと素直な濃厚感。レトロな洋食店っぽい印象です。

食感は粘り気のあるもっちり系ながら、レンジ調理だと若干ベチャッとした水っぽさが残りがち。フライパン調理のほうが比較的パラッとした食感に仕上がります。レンジだとチープさが際立つので、なるべくフライパンで作りたいところ。

具材の存在感が弱いのもあり、総合点はやや低め。積極的に買いたくなるクオリティではありません。それでも軽いランチや小腹用途には普通に使えますし、オムライスにアレンジしても十分おいしく仕上がりますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 国産米をトマトケチャップメインで味付けした冷凍チキンライス
  • 具材の主張が弱く、チキンの旨みも薄いので、ケチャップの甘味に偏った濃厚感
  • チープ寄りだけど無難に食べられる味なので、時短ランチ用途などに買ってもOK
  • 使い切りボリュームを重視するなら『チキンライス』(200g・99円・50円/100g)がおすすめ
チキンライス
購入店 業務スーパー
商品名 チキンライス
参考価格 516円
おすすめ度  

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|1kg ■カロリー|100gあたり162kcal(たんぱく質 3.3g、脂質 2.5g、炭水化物 30.6g、食塩相当量 1.1g) ■製造者|真秀コールド・フーズ ■原材料|米(国産)、トマトケチャップ、野菜(たまねぎ、にんじん、グリーンピース)、鶏肉、植物油脂、トマトペースト、還元澱粉糖化物、チキンブイヨン、砂糖、チキンエキス、食塩、穀物酢、清酒、香辛料/調味料(アミノ酸等)、着色料(カロチノイド)、(一部に小麦・乳成分・大豆・鶏肉を含む)