業務スーパーの『吉備高原どり 若鶏ももブツ切り』は使い勝手がよくて風味も合格点のお買い得食材

業務スーパーで販売されている『吉備高原どり 若鶏ももブツ切り』をご存じでしょうか。

国内産の鶏もも肉を程よい大きさのぶつ切りにした冷凍食肉です。使い切りやすいボリュームで、クオリティも申し分ない一品。以前紹介してから時間が経ったので、あらためて使い勝手をチェックしてみました。

業務スーパー|吉備高原どり 若鶏ももブツ切り|429円

業務スーパーにて429円(税込、税抜398円)で販売中。内容量は500g、カロリーなどの栄養成分表示は未記載。加工者はグリーンポートリー(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

原料原産地は岡山県。主に西日本エリアの業スーに並んでいる商品ですが、たまに東日本の店舗でも見かけることも()。コスパ(単価)は100gあたり約86円。以前紹介した際の商品と比較すると、価格・ボリュームなどに変更はありませんが、栄養成分表示の記載が削除されています。

グレース凍結(氷の膜を張る加工)がなされた商品。解凍時に若干多めの水分が出るかわりに、旨味の損失は最小限におさえられたタイプです。冷蔵庫に3時間ほど置いて自然解凍したら、レシピに応じた方法で加熱調理すればOK。

骨は付いていないタイプで、やや小さめのぶつ切りにして下処理を済ませてあります。そのままひとくちサイズにカットしやすく、火も通りやすい感じ。特に煮物や親子丼などのレシピに便利ですね。

加熱しすぎなければ食感は柔らか。程よく締まった肉質で、脂分もキツさを感じません。臭みや余分な血液など、品質面で気になる欠点も見当たらず。普通の生鮮肉と比べてもまったく遜色ないクオリティと言えます。

活用度の高さも生鮮品と変わらず、カレーや鍋の具材にぴったり。1キロ級の大ボリューム冷凍肉が多い業スー品の中では、冷凍庫を圧迫せずに使い切りやすい一品です。以前と比べて大きな変化は見当たりませんし、引き続き安心してチョイスできるおかず食材ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 岡山県産の鶏もも肉を使いやすいサイズにカットした冷凍食肉
  • 肉質と風味は高水準で、様々なレシピにそつなく活用できるクオリティ
  • 活用度の高さと使い切りやすいボリュームで、冷凍肉の中でも鉄板の選択肢のひとつ
  • ご褒美感と食べごたえを重視するなら『骨付き鶏もも肉』(1kg・537円・約54円/100g)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■加工者|グリーンポートリー ■保存方法|-18℃以下で保存 ■原材料|鶏もも肉