業務スーパーの『助宗だらのお弁当用白身フライ』は味的にも食感的にも使いやすい

業務スーパーで販売されている『助宗だらのお弁当用白身フライ』をご存じでしょうか。

白身魚のスケソウダラに衣を付けた冷凍揚げ物です。独特のジューシーさがあるしっとりなめらかな口当たりで、淡白な旨みもあって無難なおいしさ。お弁当やフィッシュサンドに問題なく活用できる一品ですよ。

業務スーパー|助宗だらのお弁当用白身フライ|375円

業務スーパーにて375円(税込、税抜348円)で販売中。内容量は500g、カロリーは100gあたり144kcal(脂質 1.9g、炭水化物 18.9g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり75円。『お弁当用白身フライ』(500g・278円・約56円/100g)よりは高めですけど、『ほうぼうフライ』(500g・375円・75円/100g)とは同価格。白身魚フライ系のなかでは高くも安くもないポジションですね。

調理方法は170℃の油で本品を5個あたり約4分30秒揚げるだけ。小さめなので少量の油で揚げ焼きにしてもOKです。味付けはお好みで、タルタルソースや甘酢あんなどの濃い味で仕上げるのがおすすめ。

パン粉を使った衣はちょい厚めのザクッとした歯ざわり。その下にはスケソウダラの切り身が詰まっており、しっとりなめらかな口当たりです。ふたくち程度のミニサイズながら、口の中でほぐれるような柔らか食感がしっかり楽しめます。

ほぼ味付けはされておらず、スケソウダラ特有の淡白な旨みを素直に引き立てた味わい。軽い甘みと繊細な香りがあります。白米おかずにするには素っ気ない風味ですけど、食感の良さもあってそのまま食べても問題ないクオリティですね。

一番相性が良いのはタルタルソースで、丼にしてもお弁当おかずにしてもよし。小さめなのでサンドイッチの具材用途にも使いやすいですね。他の白身魚フライよりもジューシーさが強く、食感を重視するなら優先してチョイスしたい一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • スケソウダラを使用した冷凍白身魚フライ
  • お弁当サイズながら身が詰まっており、ジューシーでほぐれるような良食感
  • 淡白だけど繊細な旨みがあり、好みの味付けでおかずにもおつまみにも活用できる
  • コスパを重視するなら『お弁当用白身フライ』(500g・278円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g ■カロリー|100gあたり144kcal(たんぱく質 12.2g、脂質 1.9g、炭水化物 18.9g、食塩相当量 0.7g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|スケソウダラ、衣(パン粉、小麦粉、馬鈴薯でん粉、食塩、こしょう)/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・大豆を含む)