MENU

業務スーパー名物「1キロ杏仁豆腐」はミルクプリン的? もっちり食感も悪くない

業務スーパーで販売されている『杏仁豆腐』をご存じでしょうか。

名物パックスイーツの長年の定番品ですね。ちょっと牛乳プリン的なフレーバーでほどよいもっちり感。好みを分けない食べやすさの良コスパ品ですね〜。

目次

『杏仁豆腐』の価格は?

業スー名物「牛乳パックスイーツ」のひとつ『杏仁豆腐(あんにんどうふ)』は300円(税込、税別278円)。内容量は7〜8人分として1kg、100gあたりの単価(コスパ)は約30円。数年前と比べると1割強の値上げとはなっていますが、ほぼお値段据え置き状態で提供されていますね。

製造者の豊田乳業は、業スーを運営する神戸物産のグループ会社です。

『杏仁豆腐』はどんな味? 食感は?

そもそもの食べ方ですが、まずはパックからドプンと大皿に取り出し、食べたい分だけカットすればOKです。残りはタッパーなどに入れて冷蔵庫に保管しておくのがよいかと思います。まぁ、買ってきたら買ってきたで、その後の取り扱いに困るスイーツではありますよね(笑)。

お味は、ちょっと牛乳プリン的な杏仁豆腐です。杏仁豆腐とひとことで言ってもテイストは多様ですが、業スー版もそんなバリエーションのひとつとして、多くの人に受け入れられる味わいかと思います。

食感はわりと硬めで、舌にまとわりつくようなモッチリ弾力も。そして、あの杏仁霜(きょうにんそう)特有の薬膳的な甘い香りに加え、ミルク感の濃いフレーバーが特徴なんですよね。ちょっと牛乳プリンぽい。好みを分けない食べやすさとなっていますよ。

ちなみに、同じく業スーの「業務用ひし形杏仁豆腐」という商品はミルク感の薄いあっさり系で、シロップ漬けのフルーティなタイプです。

『杏仁豆腐』はみかんと合う

ミルク感が濃いめの杏仁豆腐ということで、みかんとの相性も申し分なし。みかん缶詰と一緒に買って帰るのもおすすめです。

『杏仁豆腐』のカロリーは?

一応カロリーもチェックしておきましょう。

公称値は100gあたり80kcal(脂質 0.7g、炭水化物 16.9g)、総計800kcal。7〜8分割で食べるとした場合、1食あたり100kcal(125g)〜約114kcal(143g)です。

商品の評価と詳細情報

杏仁豆腐
総合評価
( 4 )
名称杏仁豆腐
内容量1kg
カロリー100gあたり80kcal(たんぱく質 2.1g、脂質 0.7g、炭水化物 16.9g、食塩相当量 0.1g)
製造者豊田乳業
保存方法10℃以下で保存
原材料砂糖(タイ製造)、乳等を主要原料とする食品、脱脂粉乳、果糖ぶどう糖液糖、コーンスターチ、ゼラチン/甘味料(ソルビトール)、ゲル化剤(カラギナン)、乳化剤、塩化K、香料、(一部に乳成分・ゼラチンを含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次