MENU

業務スーパーの『畑のお肉の魯肉飯醤(ルーローハンジャン)』はアリ? ごはんや麺で台湾グルメ感を確かめてみた

業務スーパーで販売されている『畑のお肉の魯肉飯醤(ルーローハンジャン)』をご存じでしょうか。

台湾の郷土料理・ルーローハン風の調味料です。豚ひき肉の代わりに大豆ミートを甘辛く味付けし、五香粉を加えることでスパイスの刺激感もプラス。手軽な飯とも食材としてチョイスしやすい濃厚系の一品ですよ。

目次

『畑のお肉の魯肉飯醤』の価格・コスパは?

『畑のお肉の魯肉飯醤』は267円(税込、税抜248円)で販売中。内容量は195g。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約137円。即席ルーローハンの素は一般スーパーだと安い商品で120円/100g程度なので、高くはないけど特別安くも感じない価格設定です。

『畑のお肉の魯肉飯醤』の使い方は?

開封したらそのままご飯にのせて使うのが基本です。お店で見かけるルーローハンっぽく煮卵をトッピングしたり、炒め物の味付けに使ったりしてもOK。成人男性ならご飯1杯にのせて3~4回は使えるボリューム感ですね。常温で販売されていますが、開封後は冷蔵保存が必要なのでご注意を。

『畑のお肉の魯肉飯醤』の味・食感は?

豚バラ肉を大豆たん白で置き換え、ルーローハン風にこってり味付けした一品。大豆ミートは軽い弾力のある柔らかな歯ざわりで、ひき肉っぽい食感は一応再現できています。『畑のお肉のカレーそぼろ』(160g・149円)など、他の大豆ミート系調味料と大差ないクオリティ。比較的粒が大きめなのが特徴でしょうか。

味付けは醤油とテンメンジャンをメインにした素直な甘旨系のベース。そこに生姜、しいたけ、五香粉などを加えることで、奥行きのある風味とコクに仕上げています。甘い香りに寄ってるけど爽やかな辛味もほんのり感じるバランス。見た目よりクドさがなく、クセがないぶん親しみやすい濃厚感ではありますね。

肉の旨みはありませんし、スパイスの本格感もそれなりですけど、ルーローハンっぽい味で気軽に白米をかっこめるのは嬉しい感じ。混ぜご飯にして全体に味を馴染ませて食べるのがおすすめです。中華麺に添えるとジャージャー麺風の濃厚和え麺にもアレンジできますよ。

『畑のお肉の魯肉飯醤』のカロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『畑のお肉の魯肉飯醤』は100gあたり257kcal(脂質 10.6g、炭水化物 29.5g)。召し上がる際の目安にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

畑のお肉の魯肉飯醤
総合評価
( 4 )
内容量195g
カロリー100gあたり257kcal(たんぱく質 11.0g、脂質 10.6g、炭水化物 29.5g、食塩相当量 3.4g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料糖類(水あめ、ぶどう糖)、大豆たん白、しょうゆ、植物油脂、甜面醤、フライドオニオン、しょうが、乾燥しいたけ、食塩、たん白加水分解物、にんにく粉末、五香粉(桂皮、八角、クミン、コリアンダー、花椒、カンゾウ)、唐辛子/調味料(アミノ酸)、増粘剤(キサンタン)、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次