業務スーパーにある『ふるる冷麺』はモチモチ&さっぱり味でストックめしによさげ

業務スーパーで販売されている『ふるる冷麺(水冷麺)』をご存じでしょうか。

韓国の食品メーカー・農心が製造するインスタント乾麺です。業スーでは定番品ですよね。軽く茹でてスープを溶かすだけで、さっぱり涼やかな韓国風冷麺の出来上がり。若干輪郭のぼやけた味付けですけど、麺のクオリティ的には優秀な一品ですよ。

農心|ふるる冷麺(水冷麺)|127円

業務スーパーでは127円(税込、税抜118円)で販売中。乾麺とスープをあわせて、内容量は155gです。調理方法は、まず800mlの熱湯で乾麺を3分茹で、ザルに上げて水で冷まします。続けて、器に入れた水260mlに別添えスープを加えてかき混ぜたところに、水気を切った麺を盛って完成です。ちなみに製造元は韓国の農心(ノンシン)、販売者はその日本法人である農心ジャパン。カルディコーヒーファームなどでも見かける商品ですね(税込138円ほど)。

韓国料理・水冷麺(ムルレンミョン)風のノンフライ細麺は、コシが強くツルッとした口当たり。モチモチ系の弾力食感で、見た目よりも食べごたえがあります。スープはリンゴ酢をアクセントにした優しい甘酸っぱさ。トンチミ(大根の水キムチ)スープをベースにした、ほんのりクセのあるさっぱりテイストです。涼感はあるけど、若干ポイントに欠ける味付けではあるかも。具材にキムチを加えるとグッとバランスが良くなるので、セットで確保するのもアリですね。暑い季節の小腹メニューとしてストックしておくとはかどりますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ツルツルモチモチ細麺とあっさりスープがセットになった、インスタント韓国風冷麺
  • 麺の旨味もスープの風味もさっぱりしたバランスで、爽やかなおいしさ
  • スープの味の輪郭がやや曖昧だけど、キムチなどの具材を加えるとカバーできる
  • さっぱり系が好みなら本品、旨辛系が好みなら『ふるる冷麺(ビビン冷麺)』(159g・127円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|155g ■カロリー|460kcal ■製造者|農心 ■販売者|農心ジャパン ■原材料|めん(小麦粉、でん粉、そば粉、植物油脂粉末、昆布粉末)、スープ(ポリグリチトールシロップ、トンチミ濃縮液(食塩、だいこん、果糖ブドウ糖液糖、その他)、食酢(リンゴ酢、ホワイトビネガー)、梨ピューレ、ブドウ糖、砂糖、食塩、調味ベース粉末、マルトデキストリン、調味アミノ酸醤油、みりん、牛骨エキス、梅濃縮液、からしペースト)/酸味料、調味料(核酸等)、香料、酵素、シクロデキストリン、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、乳化剤、カゼインナトリウム、(一部に小麦・そば・牛肉・大豆・りんご・乳成分を含む)