業務スーパーの3食セット『バターチキンカレー』のおすすめ度は? 味やコスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『バターチキンカレー』をご存じでしょうか。

おなじみのインドカレーが3食セットで213円(税込)。簡単調理も魅力的な格安レトルトパウチです。お味は本格系というより、マイルドな甘みと爽やかな酸味で親しみやすいおいしさ。業スーレトルトの中ではそこそこ便利な選択肢ですね。

業務スーパー|バターチキンカレー|213円

業務スーパーにて213円(税込、税抜198円)で販売中です。内容量170gのバターチキンカレーが3袋セットになった商品(合計510g)。カロリーは1袋あたり221kcal(炭水化物 10.0g、脂質 16.1g)。コスパ(単価)は1袋あたり71円の計算ですね。販売は神戸物産、製造はそのグループ会社・宮城製粉が手がけるプライベートブランド品になります。

調理は袋のまま熱湯で約4分湯せんするか、耐熱容器に移してラップをして電子レンジ(500W)で約2分チンするだけ。国産の親鶏肉を具材に、トマトとバターで仕上げたオーソドックスなバターチキンカレーです。辛味はほとんど感じられず、トマトの酸味とチキンの旨味をメインにした味付け。お子様でも食べやすいタイプのマイルドな仕上がりですね。

小さく刻まれた親鶏は柔らかく煮込まれており、価格のわりには頑張ったボリューム感。以前販売されていた『バターチキンカレーの素』(3袋・199円)は具材無しタイプだったので、ここは嬉しいポイントです。スパイスは価格相応に平板な印象ですし、バターのコクは弱いですけど、業スーの格安レトルトの中では善戦したクオリティ。節約用食材としてはおすすめできる選択肢ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 1食あたり71円で買える、オーソドックスなバターチキンカレーの格安レトルトセット
  • 国産親鶏を使用してベースの旨味がしっかり濃く、辛味とコクは弱いけどバランス良好な仕上がり
  • 本格的なスパイス感は無いけど、価格のわりには無難においしく、コスパめしとして悪くない
  • コスパを重視するなら本品、香りの良さも重視するなら『カレー専門店のインド風カレー』(200g・84円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|170g×3袋 ■カロリー|1袋あたり221kcal ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|親鶏肉(国産)、植物油脂、オニオンソテー、トマトペースト、牛肉だし、クリーミングパウダー、小麦粉、大豆粉、カレー粉、濃縮りんご果汁、しょうがペースト、砂糖、ミルポワパウダー、にんにくペースト、バター、香辛料/調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン)、甘味料(ソルビトール、ステビア)、酸味料、リン酸塩(K、Na)、パプリカ色素、香料、(一部に乳成分・小麦・牛肉・大豆・鶏肉・りんごを含む)