業務スーパーの『本格四川麻婆豆腐の素 辛口』はハードな辛さが手軽に楽しめるのがいい

業務スーパーで販売されている『本格四川麻婆豆腐の素 辛口』をご存じでしょうか。

豆腐を加えるだけで作れる麻婆豆腐のレトルトです。1袋あたり2人前(成人男性なら大盛り1食程度)のボリュームで3袋セット。トウチや花椒を使用した厚みのある旨辛テイストで、レンチンOKの簡単調理も嬉しい一品ですよ。

業務スーパー|本格四川麻婆豆腐の素 辛口|246円

業務スーパーにて246円(税込、税抜228円)で販売中です。3袋セットの商品で、1袋あたりの内容量は140g(合計420g)。カロリーは1袋あたり125kcal(炭水化物 9.2g、食塩相当量 4.0g)。販売は神戸物産、製造は宮城製粉(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

コスパ(単価)は100gあたり約59円、1食あたり82円。同じく3食セットの『おとなの麻婆豆腐の素』(600g・212円・100g/約35円)は1食あたり約71円なので、本品はコスパ的には若干落ちるポジションになります。

調理はフライパンでひと煮立ちさせるか、耐熱容器に移してラップをかけて電子レンジ(500W)で約5分チンするだけ。いずれの場合も、本品1袋に別途用意した豆腐1丁(300g)をあわせて一緒に加熱しましょう。

豆板醤をベースに花椒などを効かせた麻婆ソース。豆鼓醤(トウチジャン)の塩辛さ、甜麺醤の甘味も加えて、どっしり厚みのあるスパイス感です。唐辛子の刺激も強めで、花椒の華やかさよりは全体の辛味のハードさが際立ったバランスですね。

挽き肉は豚のタンルート(舌の根元)というマイナー部位で、旨味も食感も主張しない印象です。『おとなの麻婆豆腐の素』(600g・212円)のほうが万人受けする完成度かも。本品は比較すると無骨な仕上がりで、辛味の強さとスパイスの本格感を重視するならおすすめですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 豆腐を加えるだけで作れる、豆板醤をベースにした麻婆豆腐の素
  • 花椒の香り、トウチのコク、ラー油の刺激などが重なった厚みのある味わい
  • 若干好みを選ぶハードな辛味だけど、麻婆丼や麻婆茄子にもアレンジできる手堅いクオリティ
  • 挽き肉の旨味や風味の華やかさを重視するなら『おとなの麻婆豆腐の素』(600g・212円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|140g×3袋 ■カロリー|1袋(140g)あたり125kcal(たんぱく質 5.4g、脂質 6.7g、炭水化物 9.2g、食塩相当量 4.0g) ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|豚タンルート(アメリカ産)、豆板醤、しょうゆ、醸造調味料、豆鼓醤、調味たれ、甜麺醤、植物油脂、にんにくペースト、牛肉だし、唐辛子、ラー油、花椒ペースト、花椒粉末/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、酸味料、カラメル色素、香料、甘味料(ステビア)、(一部に小麦・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・ごま・魚醤(魚介類)を含む)