業務スーパーの『焼豚フレーク』は中華風ピリ辛濃い味でラーメン具材にも使いやすい

業務スーパーで販売されている『焼豚フレーク』をご存じでしょうか。

豚ひき肉を使ったそぼろ惣菜です。砂糖醤油の甘めのベースに、五香粉や辣醤を加えた中華風の甘辛テイストで、ご飯おかずにもラーメン具材にもぴったり。以前紹介してから時間が経ったので、あらためて使い勝手をチェックしてみました。

業務スーパー|焼豚フレーク|170円

業務スーパーにて170円(税込、税抜158円)で販売中です。内容量は160g、カロリーは100gあたり205kcal(たんぱく質 16.3g、脂質 6.1g、炭水化物 21.2g、食塩相当量 2.8g)。販売は神戸物産、製造は宮城製粉(以前はほくと食品、両社合併により消滅会社に)。

以前と比較すると価格と量は変わらず、あとは原材料が微調整されてカロリーが微減した程度(100gあたり206kcalから205kcalに)。同容量の『鶏そぼろ 甘辛しょうゆ味』(160g・138円)よりはちょい高め、ぐらいのポジションですね。

豚肉と大豆たん白を砂糖醤油ベースで味付けしており、基本的には普通の飯とも的そぼろ惣菜。そこに中華調味料である五香粉と辣醤を加え、ほんのりアジアンなピリ辛テイストです。チープですけど、ご飯に乗せればルーローハンっぽい印象に仕上がります。

全体的に味付けはかなり濃いめで、少量でもご飯に味が行き渡るタイプ。混ぜご飯にも向いてますね。

辣醤の唐辛子の刺激は弱いものの、徐々にじんわり効いてきます。五香粉の華やかさもあって、濃い味付けでもクドすぎない後味。及第点のおいしさと言えます。

食感はしっとり柔らかめで、弾力や歯ごたえはイマイチ。そのまま酒の肴にもできなくはないけど、やはりご飯のお供向きですね。以前と比較して味の印象は変わらず。チャーシューや肉味噌の代わりに、炒飯、ラーメンなどの具材にするのもおすすめですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 豚肉に刻みネギなどを混ぜて味付けした瓶入りそぼろ惣菜
  • やや甘ったるいベースを中華調味料で爽やかなピリ辛感に仕上げた味わい
  • チャーシュー的な濃厚感なので、若干チープながら炒飯・ラーメンにも悪くない
  • 使い勝手は本品が上だけど、より炒飯用に特化した『チャーハンの素』(150g・192円)という選択肢もアリ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|160g ■カロリー|100gあたり205kcal(たんぱく質 16.3g、脂質 6.1g、炭水化物 21.2g、食塩相当量 2.8g) ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|豚肉(アメリカ産又はカナダ産(5%未満))、粒状大豆たん白、しょうゆ、砂糖、長ねぎ、たまねぎ、焼豚調味料、辣醤、香辛料、たん白加水分解物/甘味料(ソルビトール)、調味料(アミノ酸)、着色料(カラメル、紅麹、ラック)、酸味料、安定剤(キサンタン)、香料、(一部に小麦・大豆・豚肉を含む)