MENU

業務スーパーの『カレー用野菜ミックス』はアリなの? 3種具材の風味・食感を確かめてみた

業務スーパーの『カレー用野菜ミックス』はアリなの? 3種具材の風味・食感を確かめてみた

業務スーパーで販売されている『カレー用野菜ミックス』をご存じでしょうか。

たまねぎ、にんじん、じゃがいもを取り合わせた冷凍野菜セットです。カットと下処理を済ませてあり、簡単に料理の具材に使えるタイプ。カレーやシチューに使うぶんには便利な一品ですよ。

目次

価格・内容量・コスパは?

『カレー用野菜ミックス』は213円(税込、税抜198円)で販売中。内容量は500g。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約43円。一般スーパーのカレー・シチュー用野菜ミックスは90円/100g程度するので、しっかり安めの価格設定です。

ちなみに『野菜スープの具 5種の野菜ミックス』(500g・257円・約51円/100g)などの姉妹品もラインナップされています。

使い方は?

軽く湯通ししてあるタイプで、解凍するとそこそこの水分が滲み出てきます。生鮮品に比べてしんなりした食感になるので、炒め物には向いてない感じ。あくまでカレーなどの煮込み料理に使うことが前提の商品と考えたほうがよいかと。

パッケージ裏にはカレー(3~4人分)のレシピが記載。本品300gを軽く加熱してから約600mlの水を投入し、沸騰したら弱~中火で15分ほど煮込んだあと、好きなカレールウ100gを割り入れ、約10分ほど追加で煮込むのが目安となっています。

味と食感は?

たまねぎ、にんじん、じゃがいもの3種が入っています。

じゃがいもとにんじんはちょうどよい大粒感があるカット。しっかり煮込めばじゃがいもはホクホク、にんじんもしっとり柔らかな歯ざわりに仕上がります。とくににんじんは甘みも強く、クオリティは平均点をクリアしている印象です。

たまねぎは水っぽいねっとりした口当たりになりがちで、ここは好みが分かれそう。他の具材も加熱が甘いと芯が残った食感になりやすいので、カレー以外の料理でもしっかり長めに煮込みたいところです。

没個性だけど風味も食感も無難な仕上がり

肉じゃがや豚汁など、煮込み系に限れば活用度はそこそこ高めですし、風味にもクセはありません。個性は弱く、食感にもいまひとつ物足りなさは残りますけど、価格を考えれば十分といったところでしょうか。

ボリュームは多いものの、冷凍のまま保存すれば賞味期限は気にせず使えるので、難なく使い切れるかと。格安ルウと一緒に節約食材としてチョイスするのがおすすめですよ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『カレー用野菜ミックス』は100gあたり47kcal(脂質 0.1g、炭水化物 10.9g)。写真の分量で100g程度です。料理に使う際の参考にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

カレー用野菜ミックス
総合評価
( 3.5 )
内容量500g
カロリー100gあたり47kcal(たんぱく質 1.1g、脂質 0.1g、炭水化物 10.9g、食塩相当量 0.03g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料たまねぎ、じゃがいも、にんじん
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次