業務スーパーにある『角切り牛すじ(メンブレン)』はトロトロ煮込み料理で食べるのがベスト

業務スーパーで販売されている『角切り牛すじ(メンブレン)』をご存じでしょうか。

アメリカ牛の横隔膜をカットした冷凍食肉です。煮込み調理が基本となる硬めの部位。すじ肉特有の旨味とコリコリ弾力食感で、特に味噌煮込みなどのレシピにぴったりの一品ですよ。

フーズアイ|角切り牛すじ(メンブレン)|408円

業務スーパーでは408円(税込、税抜378円)で販売中です。内容量は300g、カロリーは100gあたり362kcal(脂質 23.8g、炭水化物 18.6g)。製造者はミート丸真、販売者はフーズアイ。

コスパ(単価)は100gあたり136円。同じ部位の『牛すじ串(メンブレン)』(180g・537円・約298円/100g)よりもグッと手頃です。ハラミスジにこだわらないのであれば、『牛赤身スジ肉』(1kg・861円・約86円/100g)という選択肢もあります。

あらかじめ下茹でなどの加工処理をしてある商品。余計な水分は付着しておらず、バラ凍結の状態なので必要な分だけ取り出せます。臭みもほとんど感じないので、冷凍状態のまま煮込み調理してOKです。

焼き調理だとコリコリ硬いハードな弾力。食べられなくもないけど、基本は煮込み調理がおすすめです。大体の目安は30分以上、しっかり煮込めばトロトロの柔らかさが際立ちます。

微量に入った赤身の部分は歯ごたえがあって旨味も濃厚。メインの横隔膜はなめらかな口当たり。脂分もクドすぎず、鍋に入れれば程よく味が行き渡ってご褒美感を向上してくれます。

竹串に刺しておでんに入れたり、大根などと一緒に味噌煮込みにしてもOK。申し分のない使い勝手です。満足度高めのおつまみを作りたい時などに、ひとつ買っておくと重宝する一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • アメリカ産牛の横隔膜をひとくちサイズの角切りにした冷凍食肉
  • 平均的な赤身の付き方と旨味の濃さで、ほとんど臭みも感じないそつのなさ
  • 煮込み調理の手間さえ許せれば、おつまみレシピを中心に重宝する
  • 調理済みの手軽さを重視するなら『じっくり仕込んだ牛すじ煮込み』(300g・278円)もおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|300g ■カロリー|100gあたり362kcal(たんぱく質 18.1g、脂質 23.8g、炭水化物 18.6g、食塩相当量 0.03g) ■製造者|ミート丸真 ■販売者|フーズアイ ■原材料|牛横隔膜(アメリカ産)