MENU

業務スーパーにある1kg『牛赤身スジ肉』はトロトロに煮込んで食べるのがおすすめ

業務スーパーにある1kg『牛赤身スジ肉』はトロトロに煮込んで食べるのがおすすめ

業務スーパーで販売されている『牛赤身スジ肉』をご存じでしょうか。

赤身が多く付いた冷凍スジ肉です。かなり硬いので炒め調理には向きませんが、煮込み調理だと抜群のトロトロ食感に。ストックOK食材でしょう。

目次

価格・内容量は?

冷凍肉食材コーナーで見かける『牛赤身スジ肉』は861円(税込、税抜798円)。内容量は1kg。牛肉の原産地はオーストラリア、販売者はターメルトフーズです。

最近の価格は?

『牛赤身スジ肉』は時期によっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格(コスパ)備考
2018年10月861円(約87円/100g)1.0kg・当時のレビュー
2021年08月861円(約87円/100g)1.0kg
2024年01月1,293円(約162円/100g)800g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

2024年1月時点では1kgから800gに減量、単価も値上げ。お〜、フトコロにイタタタ!ですけど、まだコスパ面ではご近所のスーパーよりは……ってところでしょうか。

調理の注意点は?

短時間の加熱ではかなり硬い食感なので、基本的には煮込み調理が前提となるかと思います。

パッケージ裏の調理方法によると、アクを取りながら弱火で約1時間が目安です。圧力鍋があれば時短で調理可能ですね。

旨み・食感は?

個体差の可能性が高いものの、以前よりも小さく切り分けられた状態で入っている傾向。具体的な部位は不明で、おそらく煮込み用に腱の付いた肉を寄せ集めたものですね。

赤身メインで脂身は多すぎず。なるべく軽い下茹でやアク取りはしたいものの、滲み出る油のギトギト感は比較的控えめです。

煮込み時間が短いと硬さが気になるものの、1時間以上しっかり煮込めば極上のトロトロほろほろ食感が楽しめます。

牛すじ大根、カレー、おでんなどにぴったり。神戸物産の商品ページにも関連レシピが記載されています。以前と変わらず、安心してチョイスできる一品でしょう。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • オーストラリア原産の牛すじ肉が1kg詰まった冷凍食肉
  • 比較的赤身が多めで、肉の旨味と脂身の甘味のバランスが取れた味わい
  • しっかり煮込めば硬さ、臭み、油の強さなどが比較的気にならない仕上がりになる
  • 横隔膜のコリコリ感が好みなら『牛すじ串(メンブレン)』がおすすめ

商品の評価と詳細情報

牛赤身スジ肉
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量1kg
カロリー100gあたり371kcal(たんぱく質 14.4g、脂質 32.9g、炭水化物 0.2g、食塩相当量 0.1g)
加工者ターメルトフーズ
原産国オーストラリア
原材料牛赤身すじ肉
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次