業務スーパーの5人前『おとなの大盛カレー 中辛』は濃厚コク甘で買い置き向けコスパ品

業務スーパーで販売されている『おとなの大盛カレー 中辛』をご存じでしょうか。

5袋セットの中辛レトルトカレーです。1袋ずつが大盛りボリュームで、コスパ感は優秀な一品。まずまず健闘したクオリティなので、節約用にチョイスしてもいいかも。以前紹介してから時間が経ったので、あらためてお味をチェックしてみました。

業務スーパー|おとなの大盛カレー 中辛 5人前|322円

業務スーパーにて322円(税込、税抜299円)で販売中。2022年3月現在のセールでは300円(税込)に割引中です。1袋250g入りのレトルトパックが5袋入り(合計1.25kg)。カロリーは1袋あたり199kcal(脂質 7.7g、炭水化物 27.5g)。販売は神戸物産、製造は宮城製粉(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

以前紹介した商品は297円(税込)だったので、25円の値上がり。シリーズ品の『おとなの大盛カレー 甘口』『辛口』も、同様に322円に値上がりしています。それでもコスパ(単価)は100gあたり約26円、1袋あたり約64円の安さです。原材料が調整され、カロリーは微増しています(1袋あたり193kcalから199kcalに)。

調理方法は、内袋のまま熱湯に入れて約6分加熱するか、耐熱容器に移してラップをかけてレンジ(500W)で約3分チンするだけ。ちなみに具材が入っていないので、適当な冷凍野菜を入れて鍋で煮込んだりしてもOKです。

大盛りご飯にちょうどいいボリューム感。あめ色玉ねぎとトマトの素直なベースに、3種フルーツ(マンゴーピューレ、りんご果汁、いちご果汁)の甘みでコクを足した味付けです。良く言えば家庭的、悪く言えばお子様向きの味わい。

以前はいちごジャムを豪快に使ったベタッとした甘さでしたが、現在はいちご果汁を軽く効かせるバランスにリニューアルされています。比較的穏やかな甘さになりましたね。辛味とスパイス感は相変わらず平均よりちょい下ですけど、価格を考えれば許せるレベルです。

具材が無いことで単調な印象が増しているので、適当な冷凍野菜とセットで確保するのがおすすめ。「おとなの大盛カレー」シリーズの中では最もクセがない無難な選択肢なので、セール時に節約用にチョイスするのはアリかと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 3種フルーツを使用した中辛レトルトカレーの5袋セット
  • まろやかなコクとふくよかな膨らみのある風味で、格安品のわりにはバランス良好
  • フルーツの主張が以前より穏やかになったけど、甘さ重視の仕上がりは変わらない
  • シリーズ品のなかではクセが少なく、節約用途であれば重宝する選択肢
おとなの大盛カレー 中辛 5人前
購入店 業務スーパー
商品名 おとなの大盛カレー 中辛 5人前
参考価格 322円
おすすめ度  

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|250g×5袋 ■カロリー|1袋あたり199kcal(たんぱく質 5.7g、脂質 7.7g、炭水化物 27.5g、食塩相当量 2.8g) ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|オニオンソテー(中国製造)、小麦粉、食肉等(牛肉、鶏かわ)、牛肉だし、トマトペースト、ぶどう糖、マンゴーピューレ、香辛料、濃縮りんご果汁、砂糖、牛脂、牛肉エキス調味料、乳等を主要原料とする食品、濃縮いちご果汁、たん白加水分解物/調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、甘味料(ソルビトール、ステビア)、増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、香辛料抽出物、(一部に乳成分・小麦・牛肉・大豆・鶏肉・豚肉・りんごを含む)