業務スーパーの『海老にら饅頭』はカリカリもっちりの濃い旨ジューシーで優秀な中華おかず

業務スーパーで販売されている『海老にら饅頭』をご存じでしょうか。

ニラと海老をメイン具材にした点心の冷凍品です。もっちりカリカリ食感の皮から、みっちり詰まった野菜と豚肉の旨みがあふれるおいしさ。餃子っぽい味なので、おかずにもおつまみにも活用できる一品ですよ。

業務スーパー|海老にら饅頭|375円

業務スーパーにて375円(税込、税抜348円)で販売中。海老にら饅頭が10個入って、内容量は300g。カロリーは100gあたり199kcal(脂質 9.0g、炭水化物 23.9g)。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり125円。業スーの冷凍点心は本品の他にも『本格中華小籠包』(500g・483円・約97円/100g)などがラインナップされています。中華系惣菜全体で見ても、本品は比較的高めのポジションになります。

フライパンに水150mlと大さじ1の油を入れたら、包み口を下にして本品を並べます。フタをして4分ほど蒸し焼きにしたあと、フタを取って水分を飛ばしながら約1分30秒ほど焼き色を付ければOK。レンジ調理も可能ですけど(水にくぐらせたあとラップをかけて約3分チン)、フライパン調理のほうが良い食感に仕上がります。

具材がみっちり詰まったひとくちサイズの点心です。皮は上側がもっちり、焼き目側がカリカリの食感。中は豚肉の肉汁があふれるジューシーな口当たりで、春雨のツルッとした歯ざわりがアクセントに。サイズ的に食べごたえはいまいちですけど、食感のクオリティは上々ですね。

海老の存在感はそれなりながら、ニラの香りがとにかく濃厚。それを豚肉の旨みが下支えしつつ、しいたけの香りも効いた奥行きのある味わいです。調味料の主張をおさえて、素材の風味を引き立てたバランスも好印象ですね。

全体的には餃子に近いおいしさ。お好みで酢醤油などをつけて、おかずにもおつまみにも活用できます。ニラのパンチが強すぎる点では人を選びますけど、食感重視で中華おかずを選ぶなら手堅い選択肢に入りますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 海老、ニラ、豚肉などを具材にしたひとくちサイズの冷凍点心
  • 濃厚なニラの香りに魚介と豚肉の旨みを添えた、素材の風味が際立つ味わい
  • もちもちカリカリの皮に海老と春雨のプリッと感が合わさり、食感的にも優秀
  • コスパを重視するなら『ニラ餃子』(420g・235円・約56円/100g)などがおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|300g(10個入) ■カロリー|100gあたり199kcal(たんぱく質 5.5g、脂質 9.0g、炭水化物 23.9g、食塩相当量 1.0g) ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|ニラ、でん粉、えび、豚肉、キャベツ、小麦粉、春雨、乾燥しいたけ、砂糖、植物油脂、パン粉、食塩、みりん、しょうゆ、こしょう/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・えび・大豆・豚肉・ごまを含む)