MENU

業務スーパーの『ブルダックソース』は警告レベルの辛さ? 激辛度や食べ方をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『ブルダックソース』をご存じでしょうか。

韓国原産の激辛調味料です。「ブルダック」(불닭)とは、英語にするとホットチキンという意味なのだそう。鋭い辛味の中にもまろやかな旨みがあり、麺類や唐揚げなどに好相性。辛味好きの方なら料理の味付けに重宝する一品ですよ。

目次

『ブルダックソース』の価格は?

『ブルダックソース』は375円(税込、税抜348円)で販売中。内容量は230g、カロリーは100gあたり212kcal(炭水化物 43.9g、食塩相当量 4.7g)。神戸物産が韓国から輸入・販売するプライベートブランド品。赤と黒のパッケージカラーに熊と爪痕のデザイン……なんだか実に警告的ですね!

『ブルダックソース』はやっぱり激辛? 使い方は?

韓国のホットチキンソースです。ブルダックソース単品の商品は珍しいですけど、韓国の食品メーカー・三養(サムヤン)食品の人気商品「ブルダック炒め麺」などで聞いたことがある方は多いかと。チキンや唐揚げをはじめ、炒飯、餃子、炒め物などの味付けに活用できます。

ほんのちょっと舐めただけでも咳き込むほどに強烈な辛味が広がる、文句なしの激辛テイスト。唐辛子由来の刺激的な辛さで、花椒などのシビレ感とは異なった、ド直球のヒリヒリ感が立っています。カレー粉も加えることで、風味にコクと奥行きを足している印象です。

徐々に辛味に慣れてくると、ほのかな甘みとにんにくの旨みが感じられるようになってきます。果糖ぶどう糖液糖やマルトデキストリンといった甘味料が由来のようで、甘みの質は若干チープ。とはいえ、ソース焼きそばなどに和えると絶妙な甘辛感にアレンジできるのは便利ですね。

最初のうちは刺激が強すぎる印象ながら、後味の甘みがまろやかなので、意外とすぐに舌が慣れてきます。慣れない場合は卵などを加えてマイルドにするのがよいかと。例えば釜玉うどんに使うと、程よい甘辛感に仕上がります。じんわり身体が温まってくる味ですし、辛味好きには広くおすすめできるクオリティですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 唐辛子の辛味をベースにした、韓国原産のホットチキンソース
  • カレー粉の風味やにんにくのパンチが効き、特にチキンや唐揚げに好相性
  • 刺激に慣れると徐々に甘みも立ってくる、意外とバランスの良い甘辛感
  • 幅広い料理に少量ずつ使えるので、激辛好きなら重宝する調味料

商品の評価と詳細情報

ブルダックソース
総合評価
( 4 )
内容量230g
カロリー100gあたり212kcal(たんぱく質 3.3g、脂質 2.9g、炭水化物 43.9g、食塩相当量 4.7g)
原産国韓国
輸入者神戸物産
原材料果糖ぶどう糖液糖、たん白加水分解物、マルトデキストリン、植物油脂、にんにく、食塩、唐辛子粉末、こしょう、カレー粉/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、香辛料抽出物、パプリカ抽出物、カラメル色素、(一部に大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次