MENU

業務スーパーの『赤魚と野菜の黒酢ソース』は食材バランス派におすすめしたい

業務スーパーの『赤魚と野菜の黒酢ソース』は食材バランス派におすすめしたい

業務スーパーで販売されている『赤魚と野菜の黒酢ソース』をご存じでしょうか。

メインの赤魚に揚げなす、いんげん、人参を合わせた冷凍惣菜です。黒酢ベースのさっぱりと甘酸っぱい味付けが落ち着いたおいしさ。バランスが良い取り合わせのご飯おかずが欲しいときにどうぞ。

目次

価格・内容量は?

『赤魚と野菜の黒酢ソース』は321円(税込、税抜298円)で販売中。内容量は250g。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

大ボリューム品が多い業スー冷食のなかでは少数派の、食べきりサイズの惣菜です。ちなみに姉妹品として『赤魚と野菜のハーブソース』(250g・321円)もラインナップされています。

調理方法は?

まずは袋のまま流水に当てて簡単に解凍します(冷蔵庫に1~2時間置いて解凍してもOK)。あとはフライパンを弱めの中火にかけてから本品を投入してフタをし、たまに混ぜながら10分ほど加熱すれば完成です。解凍後にレンジ加熱(ラップをかけて500Wで約5分チン)してもOKですが、ソースが焦げやすいので様子を見つつ温めてみてください。

パッケージ裏の調理方法には、仕上げに別途用意したごま油を加えるよう記載されていますが、ここはお好みで。そのままでも過不足ない味付けの黒酢あんですよ。

『赤魚と野菜の黒酢ソース』の味・食感は?

さらっと軽いとろみのあるソースで、甘みも酸味も強すぎない感じ。まろやか系の黒酢で食べやすいタイプですね。

身が薄いながらもふっくら柔らかい赤魚は、優しい旨味が広がる味わい。揚げなすは熱々ジューシーでご褒美感のある口当たりです。

いんげんのシャキシャキ食感は及第点。にんじんだけやや筋っぽい繊維感が気になるものの、全体的には手堅いクオリティと言ってよいかと思います。

鶏だしの効いたソースは白米との相性良好で、丼アレンジしても悪くない印象です。メインおかずとしてはちょい地味ながら、お弁当用には申し分ありませんし、ヘルシー寄りの惣菜が欲しいときには頼もしい選択肢に入りますよ。

カロリーは?

カロリーもチェックしておきましょう。

『赤魚と野菜の黒酢ソース』は合計240kcal(脂質 8.5g、炭水化物 27.5g)。召し上がる際の参考にどうぞ。

商品の評価と詳細情報

赤魚と野菜の黒酢ソース
総合評価
( 4 )
内容量250g
カロリー240kcal(たんぱく質 13.5g、脂質 8.5g、炭水化物 27.5g、食塩相当量 2.2g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料赤魚、黒酢ソース(米黒酢、ぶどう糖、水あめ、しょうゆ、たん白加水分解物、みりん、黒砂糖、砂糖、食塩、チキンエキス、酵母エキス)、揚げなす、いんげん、にんじん/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、酸化防止剤(V.C)、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次