業務スーパーにある『牛豚合挽ミンチ』はどうなの? 味・食感・使い勝手をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『牛豚合挽ミンチ』をご存知でしょうか。

オーストラリア産牛肉とアメリカ産豚肉を使用した冷凍食肉です。必要な分だけ取り出せるバラ凍結で、価格も手頃な一品。以前レビューした際から数年が経ち、原料原産地も変わっているので、あらためて使い勝手をチェックしてみました。

源気仙畜産|牛豚合挽ミンチ|320円

業務スーパーにて320円(税込、税抜297円)で販売中です。内容量は400g。コスパ(単価)は100gあたり80円の計算ですね。栄養成分表示、牛・豚肉の配合割合などは未記載。源気仙畜産が加工・販売する業務向け食材になります。

2019年11月時点では、牛肉はオーストラリア・カナダ産、豚肉はカナダ産と表記されていましたが、2021年1月現在は牛肉がオーストラリア産、豚肉がアメリカ産となっています。原料原産地の表示以外は、特に目立つ変更点はありません。

挽き肉の一粒一粒がバラ凍結され、使いたい分だけ取り出せるタイプなのが地味に嬉しいポイント。調理は冷凍状態のまま、レシピに応じてフライパンなどで加熱するだけでOKです。油が多めに染み出るので、別途油をひく必要はありません。加熱前は少し臭みを感じます。未加熱品なので、しっかりめに火を通して使いたいところですね。

クオリティはいたって平均的。オイリーながら旨味は強く、牛肉よりは豚肉の風味が勝ったバランスです。若干のボソボソ感は否めませんが、粗挽き感と歯ごたえは十分で、一般的な冷蔵品と比べても大差なし。じゃがいもなどと合わせて炒め物や煮物にしたり、麻婆豆腐にもぴったり。味にも食感にもこれといった変化は感じず、引き続きおかず食材としてチョイスしやすい一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 牛豚の合挽き肉をバラ凍結した、オーソドックスな冷凍食肉
  • 旨味は濃いけど冷蔵品に比べるとオイリーな傾向で、しっかり加熱しないと若干臭みが残りがち
  • それ以外の目立った個性や欠点はないので、幅広いレシピに問題なく活用できる
  • 旨味を重視するなら本品、安さを重視するなら『豚ミンチ』(400g・297円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|400g ■カロリー|― ■加工者|源気仙畜産 ■保存方法|−18℃以下で冷凍保存 ■原材料|牛肉(オーストラリア)、豚肉(アメリカ)