業務スーパーの『タレ付き肉だんご』はどうなの? 味や食べ方をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『タレ付き肉だんご』をご存知でしょうか。

甘辛ダレを絡めた冷凍ミートボールです。加熱するだけでサッと一品用意できる手軽さが魅力的。肝心の食感が残念なクオリティですけど、お弁当用途やお子様向けには悪くない選択肢ですよ。

業務スーパー|タレ付き肉だんご|181円

業務スーパーにて181円(税込、税抜168円)で販売中です。肉団子の固形量は375gで、タレを含めた総容量は500g。カロリーは100gあたり157kcal(炭水化物 20.2g、脂質 4.6g)。

コスパ(単価)は100gあたり約36円の計算。タレなしの『肉だんご』(500g・172円)とほぼ横並びのボリュームと価格です。いずれも格安と言っていい部類ですね。神戸物産が中国から輸入するプライベートブランド品。

調理は袋のまま熱湯で約12分を目安に加熱するか、耐熱皿に移してラップをかけ、電子レンジ(500W)で約10分チンすればOK。鶏肉や玉ねぎをでん粉などのつなぎで合わせたミートボールです。

鶏ひき肉の粗挽き感はまったく感じず、モソっとした後にねっちりする独特の食感。軟骨のコリコリ感もアクセント程度で、つなぎが強い口当たりに正直残念感が否めません。

タレは照り焼き風の砂糖醤油ですが、甘すぎないあっさりしたバランス。生姜も地味に効いていて、クドさのない風味はいい感じです。そこまでタレの味が肉団子に染みていないので、一応鍋やスープの具材にも活用可能。とはいえ、あえてアレンジしたくなるクオリティでもないので、そのままお弁当の脇役や炒め物などに使っておくのが無難ですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 鶏肉をでん粉やパン粉でつないだ、甘辛ダレ付きの冷凍肉団子
  • 見た目よりもあっさりしたクセのない味付けだけど、モソモソした食感は平均点を下回る
  • コスパと手軽さを加味すれば、簡単おかずやお弁当食材としてはギリギリ合格点
  • クオリティは大差ないけど、活用度を重視するなら『ミートボール』(1kg・321円)のほうがおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|500g(固形量375g) ■カロリー|100gあたり157kcal ■原産国|中国 ■輸入者|神戸物産 ■原材料|鶏肉、つなぎ(でん粉、パン粉、粉末状大豆たん白)、野菜(たまねぎ、しょうが)、軟骨、粒状大豆たん白、砂糖、食塩/調味料(アミノ酸)、ポリリン酸Na、カラメル色素、ソース(砂糖、しょうゆ、麦芽糖、みりん、醸造酢/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、調味料(アミノ酸)、カラメル色素)、揚げ油(大豆油)、(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)