業務スーパーの『牛そぼろ』はすじ肉の弾力感とやさしいピリ辛感でおかず力が高い

業務スーパーで販売されている『牛そぼろ(すじ肉)』をご存じでしょうか。

牛すじの挽き肉に味付けした瓶入り惣菜です。豆板醤のほのかな辛味に生姜や味噌をプラスした、風味豊かな味わい。以前紹介してから時間が経ったので、あらためて使い勝手をチェックしてみました。

業務スーパー|牛そぼろ(すじ肉)|199円

業務スーパーにて199円(税込、税抜185円)で販売中です。内容量は160g、カロリーは100gあたり279kcal(脂質 6.4g、炭水化物 27.3g)。販売者は神戸物産、製造者は宮城製粉(以前はほくと食品、両社合併により消滅会社に)。

以前紹介した際と比較して、原材料が微調整され、カロリーは微増(100gあたり256kcalから279kcalに)。量と価格は変更なし。同容量の『鶏そぼろ 甘辛しょうゆ味』(160g・138円)などに比べると若干高いポジションになります。

味付けの方向性は以前と変わらず。砂糖と醤油の甘辛い味付けで牛肉の旨味を引き立てつつ、ごぼうとにんじんを混ぜて風味に広がりを持たせています。

ひと瓶でご飯3~4杯は余裕で食べられる感じ。おかず度の高さは相変わらずですね。

豆板醤のピリッとした辛味は感じるものの、ご飯に合わせると刺激感はほぼ皆無。米味噌の濃厚感も生姜の爽やかさでさっぱりと切れる、バランスの良い味付けです。

粗く挽いた牛すじ肉の程よい弾力食感も食べごたえに貢献しており、とにかくソツのない完成度ですね。

そこまで強烈な主張のある味ではないので、活用度も十二分。混ぜご飯にしたり、三色そぼろ丼に使ったり、おにぎりにしてお弁当に入れたりしても便利な一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 牛すじの挽き肉を甘辛く味付けした瓶入りそぼろ惣菜
  • 甘辛さ以外にもごまや野菜類が主張する、単調さを感じない風味豊かな仕上がり
  • 若干マイルドすぎる印象もあるけど、ご飯おかずを中心に便利に使える上品な味わい
  • もう少し素直な味付けとコスパの良さを重視するなら『鶏そぼろ 甘辛しょうゆ味』(160g・138円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|160g ■カロリー|100gあたり279kcal(たんぱく質 16.2g、脂質 6.4g、炭水化物 27.3g、食塩相当量 3.1g) ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|牛肉、粒状大豆たん白、砂糖、野菜(ごぼう、にんじん、しょうが)、米みそ、しょうゆ、ごま、豆板醤、にんにくペースト、食肉風味調味料、食塩、香辛料、たん白加水分解物/甘味料(ソルビトール)、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル、紅麹、ラック)、酸味料、(一部に小麦・牛肉・大豆・ごまを含む)