業務スーパーの『おとなの麻婆豆腐の素』は調理ラクだし常備おすすめの安うまフード

業務スーパーで販売されている『おとなの麻婆豆腐の素』をご存じでしょうか。

ひき肉入りのレトルト麻婆豆腐です。豆腐を加えて加熱するだけで用意できる手軽さと、程よい辛口テイストが魅力的な一品。以前紹介してから時間が経ったので、あらためてお味をチェックしてみました。

業務スーパー|おとなの麻婆豆腐の素|192円

業務スーパーにて192円(税込、税抜178円)で販売中。3袋セットの商品で、1袋あたりの内容量は200g(合計600g)。カロリーは1袋あたり227kcal(炭水化物 27.1g、食塩相当量 6.6g)。販売は神戸物産、製造は宮城製粉(業スーを運営する神戸物産のグループ会社)。

以前紹介した際の商品は212円(税込)でしたから、20円の値下がり。原材料が微調整され、カロリーも微減しています(1袋あたり230kcalから227kcalに)。同じレトルトの『本格四川麻婆豆腐の素 辛口』(420g・246円)よりも手頃なポジションです。

調理方法は、まず本品1袋とさいの目に切った豆腐1丁(300g~340g程度)を用意します。フライパンの場合は一緒に入れて弱~中火で加熱し、ひと煮立ちすれば出来上がり。レンジ(500W)の場合は耐熱容器に移してラップをかけ、約5分チンしてから全体をさっと混ぜ合わせれば完成です(そのほうがラク)。

パッケージには1袋で3~4人前と表記されていますが、豆腐を加えても成人男性の1.5食分ぐらい。大盛の麻婆豆腐丼が作れる程度のボリュームと考えればよいかと。

豆板醤の辛味とにんにくのパンチをメインにした味付け。ちょい強めの刺激感がある一方、米みそ由来の甘みもほんのり立って、バランスの取れた甘辛感です。一応花椒も加えてあるけど、シビレ感は弱めですね。

具材に大豆たん白と牛ひき肉が入っています。いずれも粗挽き感が立たない柔らかな口当たり。旨みは牛肉だしでカバーしてますけど、価格相応のチープさを感じるポイントです。

全体的な仕上がりは以前とほとんど変わらず。麻婆茄子などにアレンジしてもOKですし、安さと手軽さを重視するなら、まあまあ便利な選択肢に入りますよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 豆腐を用意するだけで作れる、3食セットのレトルト麻婆豆腐の素
  • 若干刺激感が強いものの、牛肉の旨みなどを加えたバランスの良い甘辛感
  • クオリティは普通なので、簡単調理とコスパの良さを重視するなら買ってOK
  • 味の完成度を重視するなら『本格四川麻婆豆腐の素 辛口』(420g・246円)がおすすめ

おすすめ度 

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|200g×3袋 ■カロリー|1袋あたり227kcal(たんぱく質 7.2g、脂質 10.1g、炭水化物 27.1g、食塩相当量 6.6g) ■製造者|宮城製粉 ■販売者|神戸物産 ■原材料|植物油脂(国内製造)、果糖ぶどう糖液糖、豆板醤、にんにくペースト、粒状大豆たん白、砂糖、牛肉、牛肉だし、キムチの素、食塩、米みそ、唐辛子、花椒、牛肉エキス調味料/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、甘味料(ソルビトール、ステビア)、着色料(カラメル、紅麹、ラック)、酸味料、キシロース、香辛料抽出物、(一部に小麦・牛肉・大豆・豚肉・魚醤(魚介類)を含む)