業務スーパーの『豚バラネット巻き』でチャーシュー自作! 好きなだけ丼にもラーメンにものせられる

業務スーパーで販売されている『豚バラネット巻き チャーシュー用』をご存じでしょうか。

タコ糸のネットで縛られた冷凍豚バラ肉です。チャーシューや煮豚を作るとき、形を整えておくための処理ですね。クオリティは特に問題ないので、お好きな厚さでがっつり系のチャーシューを作りたいときにおすすめですよ。

大阪プロセスセンター|豚バラネット巻き チャーシュー用|861円

業務スーパーでは861円(税込、税抜798円)で販売中。冷凍されたネット入り豚バラブロックが1本入って、内容量は700g。カロリーなどの栄養成分表示は未記載。原産国はブラジル、輸入・加工者は大阪プロセスセンター。

コスパ(単価)は100gあたり約123円。ちなみにデンマーク産で2本入った『チャーシュー用ネット入り豚肉』(900g・926円・約103円/100g)という商品もラインナップされています。置いてある商品は地域や店舗で異なるらしく、本品は関西地域の業スーでよく見かける印象です。

『豚バラネット巻き』の調理方法は?

調理方法はパッケージに記載されていないので、簡単な調理例をご紹介します。

本品を冷蔵庫に一晩(12~16時間程度)置いて解凍したら、熱湯で30~40分ほど茹でてアク抜き。醤油、みりん、酒、生姜などを適量あわせて煮込みタレを作り、鍋に沸騰させたら茹でた本品を投入して落し蓋をかぶせます。再沸騰したら弱火で30分~1時間ほど煮込みましょう。タレに浸けたまま粗熱を取ったら、そのまま冷蔵庫に移して一晩~二晩ほど冷やせば完成です。

めんつゆで手軽にタレを作ったり圧力鍋で時短したりと、調理方法は様々。大ぶりなので中心まで火が通るよう注意しつつ、お好みのレシピで試してみてください。

『豚バラネット巻き』はどんな味?

一晩置いて軽めに味をつけるとこんな感じ。個体差はありそうですけど、脂身がやや多め。赤身とのバランスは若干悪い印象ながら、全体の肉質は引き締まった食感です。トロトロに柔らかすぎない口当たりで、そこまで胃に重い感じもなく食べやすい品質ですね。

ラーメンのトッピングにしたり、ご飯にのせてチャーシュー丼にしたりと、食べ方も色々。ご家庭で豚バラブロックを縛るのは大変ですし、がっつり煮豚を作りたいときには悪くない食材ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ブラジル産豚バラ肉ブロックをネットで縛った冷凍食肉
  • 極太サイズなので火を通すのが手間だけど、煮豚を綺麗に仕上げられる
  • 硬すぎず柔らかすぎない食感で、臭みなどもなく食べやすいクオリティ
  • 『チャーシュー用ネット入り豚肉』(900g・926円)とはサイズ・本数・産地などが異なるけど、味は大差ないので見かけたほうをチョイスすればOK
豚バラネット巻き チャーシュー用
購入店 業務スーパー
商品名 豚バラネット巻き チャーシュー用
参考価格 861円
おすすめ度  

☆☆☆☆☆

★★★★★

■内容量|700g ■加工者|大阪プロセスセンター ■原材料|豚肉(ブラジル産) ■保存方法|-18℃以下で保存