業務スーパー『チャーシュー用ネット入り豚肉』のおすすめ度は? 気になる肉質や作り方をチェック

業務スーパーで販売されている『チャーシュー用ネット入り豚肉』をご存じでしょうか。

おいしい云々というよりは、チャーシューや煮豚などを作るのに便利な “ネット入り豚肉” であることがポイントの食材ですね。週末クッキングにチャレンジする食材なんかにどうですかね〜。

チャーシュー用ネット入り豚肉|926円

おすすめ度 ★★★★☆

冷凍食品コーナーで見かけることのある『チャーシュー用ネット入り豚肉』は926円(税込)。内容量はデンマーク産の豚バラブロック1本450gの2本入り。未加熱品なので加熱調理が必要です。すでにネット入りなのでチャーシューや煮豚作りなどにどうぞ。加工者は源気山畜産。なお、本品は取扱店舗が限られているようなのでご注意ください。

煮豚やチャーシューの食材にどうぞ

とりあえずお好きな用途に使えばOK。写真は煮豚に仕上げたものです。作り方例はパッケージ裏にも記載されていますが、以下にも記載しておきます。

煮豚の作り方例

  1. ネット入り豚肉を冷蔵庫で解凍(一晩置いておくとよいかと)
  2. 解凍したネット入り煮豚をたっぷりのお湯で30分間ほどアクをとりながら茹でる
  3. 別の鍋で煮込みタレを作り、中火で沸騰される(以下はタレ食材の例)
    ・煮込みタレ食材 …… 醤油 約200cc、みりん 約180cc、砂糖 約100g、酒 約50cc、長ネギ(青い部分) 適量、しょうが 適量、水 500cc
  4. 茹でたネット入り豚肉を楊枝で刺して軽く穴を空けておき、沸騰した煮込みタレに投入。再び沸騰したら弱火にし、落し蓋をして30分ほど煮込む
  5. 煮込みタレに浸けたまま粗熱をとったら、そのまま冷蔵庫に入れて一晩〜二晩ほど冷やせば完成(脂肪の塊を取り除いておきましょう)

ちなみに、煮込みタレは麺つゆを使う手もあります(ラク)。圧力鍋を使うなどレシピは数多く存在するので、ネット検索してみてください。慣れてきたら、さまざまな調理方法や味付けを試してみたいですね。

出来上がった煮豚は、お好みの厚みにスライスして電子レンジで加熱してから丼のせにするのもいいし、もちろんラーメンのトッピングにもよし。

*    *    *

『チャーシュー用ネット入り豚肉』はおいしい云々の食材というよりは、チャーシューや煮豚作りに便利な食材として覚えておきたい商品ですね(品質に関しては問題ないかと)。自分で豚バラブロックを丸めて縛るのは大変ですし。週末クッキングをがっつり楽しみたいときのチャレンジ食材なんかにもどうぞ〜。

商品情報

  • 内容量|900g(2本)
  • カロリー|不明
  • 加工者|源気山畜産
  • 保存方法|−18℃以下で保存
  • 原材料|豚肉(デンマーク)

※本記事で紹介している商品情報は掲載時点のものです。また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。あらかじめご了承ください。