MENU

コストコの1キロ風物詩『バターシュトーレン』のおすすめ度は? 気になる具材や味をチェック

コストコの1キロ風物詩『バターシュトーレン』のおすすめ度は? 気になる具材や味をチェック

コストコ(Costco)で販売されている『バターシュトーレン』をご存じでしょうか。

クリスマスシーズンの風物詩的な菓子パンですね。バターたっぷりの生地と粉砂糖、レーズン大量、オレンジピールやレモンピール、マジパン……食材のガチャ盛りメニューみたいな(品のない言い方)。純粋におやつ的に選ぶのであれば、レーズンパンがお好きなら、といった味わいです。

目次

バターシュトーレン|1,098円

コストコの『バターシュトーレン(Butter Marzipanstallen)』は1,098円(税込)。

シュトーレン(Stallen、シュトレン)はクリスマスシーズンおなじみの焼菓子。小麦粉にバター、レーズンやナッツ類をたっぷり混ぜ、粉砂糖でばっちり固めたゴツイやつです。

かつては欧州カルチャー的な印象がありましたが、近頃は日本のパン屋さんでも普通に見かけますよね。本品は1kgの大型サイズ。製造はドイツのKronenbrot社のようですね。

風物詩を愉しむかレーズンパンとして味わうか

風物詩という性格が強い菓子パンであるシュトーレン。ざっくり言えば、“レーズンパンが好きな人” にはおすすめで、それ以外での購入理由は、“クリスマス気分を味わうため” というところでしょう(その習慣があれば)。

たっぷりのバターを使った生地はほどほどにしっとり(乾燥がわりと早く、切り置きしておくとすぐパサついて固くなるので注意)。

そして面積の大部分を占めるレーズン。その甘酸っぱさと食感を激しく主張してくる中で、オレンジピールやレモンピールも負けず劣らずにほろ苦甘酸っぱさを効かせ、さらにはマジパン(Marzipan、アーモンドと砂糖のペースト)のジャリッとしたシュガーフィリング、雪のようにひんやり感のある粉砂糖たちのスイート加減……にぎやかとも言えるし、大雑把とも言える食べ心地の菓子パンですね。好き嫌いは分けると思います。

70gほどにスライスすると、1カットでカロリーは270kcal程度。小腹満たしとしては十分だし、なんなら朝食にいただいてもよいかも。

*    *    *

シュトーレンは風物詩的なものなので、おいしい云々以前に、“食べることに意味がある” といった面があるかとは思います(これを食べなきゃクリスマスを迎えられない!みたいな)。

もちろん、美味なるシュトーレンも数多くあるわけですが、コストコの『バターシュトーレン』については、あくまでも風物詩としてのポジションと考えてもよいかと。レーズンパンがお好きな方にとっては、かなりコスパのいい商品だと思いますよ。

商品の評価と詳細情報

バターシュトーレン
総合評価
( 3 )
内容量1kg
カロリー100gあたり391kcal(炭水化物 53.0g、総計3,910kcal)
製造者Kronenbrot
原産国ドイツ
輸入者コストコホールセールジャパン
原材料レーズン、小麦粉、バター、砂糖、アーモンド、オレンジピール、レモンピール、バターファット、酵母、ぶどう糖、転化糖、食塩、ヘーゼルナッツ、小麦でんぷん、全卵粉、植物油、香辛料/安定剤(ソルビトール)、香料、乳化剤、増粘剤(グァーガム)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコ、業務スーパー、コンビニ、カルディ、成城石井……あらゆるショップを巡回している(ヒマすぎる)mitok編集スタッフ。主にスイーツ・おやつ系を物色しては試す日々です。

目次