MENU

コストコの “大きいほうのクロワッサン” は何が違う? 具だくさんサンドイッチを楽しみたい

コストコの “大きいほうのクロワッサン” は何が違う? 具だくさんサンドイッチを楽しみたい

コストコで販売されている大きいほうの『クロワッサン』をご存じでしょうか。

皮はパリパリ、中はふんわり。バターの香りが漂い、ほんのり甘くコクのある味わい。ビッグサイズなので、サンドイッチにも便利。具材をたっぷり挟めますよ!

目次

価格・内容量は?

こちらがコストコのベーカリーコーナーで販売されている『クロワッサン(CROISSANT)』(品番:93210)。

フランス産小麦100%、発酵バターも使っているという、なんとも本格的な一品。12個入って、お値段は1,198円(税込)です。

最近の価格は?

『クロワッサン』の定番商品ということもあり、価格は比較的安定していますが、それでも変動することはあります。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2017年02月899円(約75円/1個)760g・12個・当時のレビュー
2023年02月1,198円(約100円/1個)約830g・12個
2024年01月1,198円(約100円/1個)12個
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

コスパは?

1個あたりのコスパ(単価)は約100円。2017年7月にご紹介した際は約75円/1個(899円)だったので、当時と比べると33%もアップしています。

売り場には小さいサイズの『ラグジュアリーミニクロワッサン』も併売されているので、お好みのほうをどうぞ。

大きさは?

1個のサイズはこんな感じ。だいぶ無理のある片手持ちになっちゃいましたね~。手よりもクロワッサンのほうが大きいし! これ1個で重量は約70gです。12個全部で830gほどありましたよ。

どんな風味?

表面はパリッとした質感。内側は幾重にも層になり、ふんわりとした歯ごたえになっています。こうばしさがありつつ、ほんのり甘くてコクのある味わい。そのままパクついても十分楽しめますね~。

ただ、翌日には外側がフニャッとなってしまうので、オーブントースターなどでカリッとさせるのがオススメ。

おいしくトーストするには?

温めることで、皮がすごくパリパリに! そして内側はもっちりと粘りのある食感に様変わりします。バターも香って、風味が格段にアップしますよ。

このクロワッサンはすごく大きいので、オーブントースターで加熱すると、外が焦げているのに内側がまだ温まっていないことがあります。

なので、アルミホイルに包んでじっくり加熱してから、仕上げにアルミホイルを取り、軽く炙ってカリッとさせるとよいでしょう。

クロワッサンサンドづくりに!

その大きさゆえに、具材をたっぷり挟めます。ボリューム満点のサンドイッチを楽しめますよ。

今回はベビーリーフ、玉ねぎスライス、トマト、スクランブルエッグ、シャウスライス、ブロッコリースプラウトを重ねました。クロワッサンのリッチな味わいと、盛り沢山の具材による味の重なりがゴージャスで楽しい!

カロリーは?

『クロワッサン』のカロリーもチェックしておきましょう。

公称値は100gあたり365kcal(脂質 20.2g、炭水化物 37.5g)、1個あたり(約70g)では約256kcalです。軽食としては1個で十分なカロリーですね。お召し上がりの際の参考にしてください。

商品の評価と詳細情報

クロワッサン
総合評価
( 4.5 )
スクロールできます
品番93210
内容量12個(参考830g)
カロリー100gあたり365kcal(たんぱく質 8g、脂質 20.2g、炭水化物 37.5g、食塩相当量 1g)
製造者コストコホールセールジャパン
消費期限加工日の2日後
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存
原材料パン(フランス製造)(小麦粉、バター、砂糖、イースト、全粉乳、小麦グルテン、食塩)/乳化剤、V.C、(一部に小麦・乳成分を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コストコを主な守備範囲にしているmitok編集スタッフです。デリ・惣菜系商品を中心にチェックしています。買い出しのたびに大量の食材を抱えて大変です!

目次