MENU

業務スーパーの『焼きとり 皮串』は買いなの? 50本入りの味わい・コスパをチェックしてみた

業務スーパーの『焼きとり 皮串』は買いなの? 50本入りの味わい・コスパをチェックしてみた

業務スーパーの冷凍食品に『焼きとり 皮串(加熱済み・タレ無)』がラインナップされているのはご存じでしょうか。

居酒屋などでおなじみの鶏皮串が豪快に50本入り。たれが付属していない、味付け前提の商品です。脂分多めでもたれやすいのがネックですが、臭みなどは感じない安定したクオリティ。大容量おつまみが欲しい時にどうぞ。

目次

価格・内容量は?

冷凍食品コーナーで見かける『焼きとり 皮串』は1,490円(税込、税抜1,380円)。内容量は1.35kg、1本27gの鶏皮串が50本入り。原産国は中国、輸入者は神戸物産です。

最近の価格は?

『焼きとり 皮串』は時期によっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2020年03月1,490円(約30円/1本)50本・1,350g
2024年01月1,814円(約47円/1本)50本・1,350g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

調理は電子レンジでOK?

『焼きとり 皮串』はスチーム加熱済みの商品なので、電子レンジで加熱すればそのまま食べられますよ。なお、フライパンで焼き目を付けるとさらに美味しく仕上がりますね。

なお、タレは付いていないので、必要に応じて味付けしてあげましょう(レシピ例:ミツカン「ねぎ塩焼き鳥(とり皮)」)。

どんな味? やっぱり脂が……?

みっちり串に刺さった鶏皮はもちもちプルプルの柔らか食感。変な臭みなどは特に感じない代わりに、旨味自体はいたって淡白です。

そのままだと滲み出る脂のこってり感だけが立ってしまうので、味付けはほぼ必須ですね。しっかりと塩を振ったり醤油などのたれを絡めれば、十分おいしいビールおつまみになります。

ただ、脂が若干キツいので、飽きずに50本完食できるかは好み次第。脂を落としてパリパリ食感になるまで焼くなど、ひと工夫する手間が許容できるなら悪くない選択肢かと思います。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 1本あたり約30円で50本確保できる、大容量の冷凍鶏皮串
  • こってりした脂分とクセのない旨味が両立した、いたって無難なクオリティ
  • 品質はほぼ横並びだけど、食感のインパクトは『ジャンボ鶏皮串』(1kg・1,074円)のほうが上
  • コスパを最重視するなら『上州高原どり 若どり首皮』(2kg・1,101円)、食べきりボリュームで手軽に楽しみたいなら『鶏皮串』(270g・300円)がおすすめ

カロリーは?

気になるカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり473kcal、1本(27g)あたりでは約128kcal。さすがにほぼ脂質だけあり高カロリーですね〜。鶏皮ってそんなに食べすぎないとは思いますが(量をカラダが受け付けない)、いちおうご注意ください!

商品の評価と詳細情報

焼きとり 皮串
総合評価
( 3.5 )
スクロールできます
内容量1.35kg(50本入)
カロリー100gあたり473kcal
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料鶏皮、タピオカでん粉/ポリリン酸Na
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次