MENU

業務スーパーの10枚『あじフライ』はふっくら厚みで日頃のおかずにもアリ

業務スーパーの10枚『あじフライ』はふっくら厚みで日頃のおかずにもアリ

業務スーパーの冷凍食品で『あじフライ』はご存じでしょうか。

パン粉と小麦粉の衣をまぶした、中国原産の冷凍あじフライです。サイズ的にはやや小ぶりながら、ふっくらと厚みがあり、食感はサクサクしっとり。シンプルだけどソツがなく、けっこう使いやすい揚げ物おかずですよ。

目次

価格・内容量は?

業務スーパーの冷凍食品コーナーにて、397円(税込、税抜368円)で販売中。内容量は600gで、10枚のあじフライが入っています。

コスパ(単価)としては100gあたり約66円、1枚あたりだと約40円の計算ですね。中国原産の輸入品で、輸入者は神戸物産になります。

最近の価格は?

『あじフライ』はシーズンによっては価格が変動する商品です。mitok[ミトク]ではたま〜に最新価格をチェックしているのでご参考にどうぞ。

チェック日参考価格備考
2020年03月397円(約40円/1枚)10枚・600g
2024年01月516円(約52円/1枚)10枚・600g
※品番・販売者・加工者等は異なる場合があります。

調理方法は?

調理方法は170℃の油で、本品を2枚あたり約3分揚げるだけです。

どんな味? 身の食感は?

開いたあじは標準よりもちょい小さい程度のサイズ感。それでも身の厚みは十分で、ふっくらした口当たり。小骨もほとんど感じません。

軽く塩味のついた衣はサクッとした口当たり。味付けは最低限で、あじの旨味を引き立てるバランスですね。

さっぱり優しい味わいで、そのままでも食べられますし、酸味のあるソースやドレッシングを足せば旨味がぐっと引き立ちます。

一般スーパーのお惣菜コーナーよりは良い、ぐらいの家庭的なおいしさですが、手頃さを含めて無難にチョイスしやすい一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • 小さめのあじの開きに衣をまぶして冷凍した、オーソドックスなあじフライ
  • 衣は軽いサクサク感、あじはしっとりふっくらした口当たりで、悪くないクオリティ
  • いたってクセのない優しい旨味で、おかずにもおつまみにも問題なく活用できる
  • 晩ご飯おかずに使うなら本品、お弁当おかずに使うなら『お弁当用あじフライ』(500g・286円)がおすすめ

カロリーは?

いちおうカロリーも確認しておきましょう。

公称値は100gあたり162kcal(たんぱく質 13.2g、脂質 3.8g、炭水化物 17.7g)、1枚(約60g)あたりでは約98kcalです。食事のメインおかずとしてはひとり2枚くらいがちょうどよさげですね。

商品の評価と詳細情報

あじフライ
総合評価
( 4 )
スクロールできます
内容量600g(10枚入)
カロリー100gあたり162kcal(たんぱく質 13.2g、脂質 3.8g、炭水化物 17.7g、食塩相当量 1.4g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料あじ、衣(パン粉、小麦粉、小麦でん粉、食塩、こしょう)/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次