MENU

業務スーパーのベルギー産『フライドポテト(シューストリングカット)』はどう? 風味やコスパをチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『フライドポテト(シューストリングカット)』をご存じでしょうか。

ベルギー原産の冷凍フライドポテトです。ファストフード店などでおなじみの細長いスライスと、さっくりほっくりした良食感。おやつ用途に安心してチョイスできる大ボリューム品ですよ。

目次

業務スーパー|フライドポテト(シューストリングカット)|246円

業務スーパーにて246円(税込、税抜228円)で販売中。内容量は1kg、カロリーは100gあたり148kcal(脂質 6.0g、炭水化物 22.0g)。ベルギーの食品メーカー・Mydibelが製造する商品を神戸物産が輸入・販売するパッケージになります。

コスパ(単価)は100gあたり約25円。似通った商品にオランダ原産の『フライドポテト シューストリング』(1kg・210円・21円/100g)があり、本品は十分手頃ながら若干コスパが落ちるポジションです。ちなみに『プレミアムシューストリング』(1kg・278円・約28円/100g)というもう一段高めの商品も存在します。

調理方法は175℃の油で本品を4分ほど揚げるだけ。ほんのり色が付いてきたら完成の目安です。これといった味付けはされていない商品なので、揚がったあとは好みの調味料をプラスするのがおすすめ。

揚げたてだと表面がさっくりした歯ざわりで、中のポテトはほっくり柔らかな口当たり。細めのスライスなのでそこまでのホクホク感はありませんが、食感のクオリティは合格ラインと言ってよいかと思います。

かなりロングなものからごく短いものまで、ポテトの長さは不揃いな印象。じゃがいもの旨みは比較的あっさり寄りで、脂っこさは控えめだけどそのままだと淡白です。このあたりは価格相応といったところですね。

他の冷凍フライドポテトと大きな違いはないので、店頭で見かけた商品をチョイスすればOKです。あえて言えば本品は揚げ時間が微妙に長めなのが欠点。それさえ許せるなら軽食やおやつ用途に重宝する一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • ベルギー原産のオーソドックスな冷凍フライドポテト
  • あっさりクセのない風味で、カットは細めかつ不揃いな長さ
  • ボソボソ感のないさっくりほっくりした軽快な食感に仕上がる
  • クオリティは僅差なので、コスパを重視するなら『フライドポテト シューストリング』(1kg・210円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

フライドポテト(シューストリングカット)
総合評価
( 3.5 )
内容量1kg
カロリー100gあたり148kcal(たんぱく質 2.5g、脂質 6.0g、炭水化物 22.0g、食塩相当量 0.1g)
原産国ベルギー
輸入者神戸物産
原材料じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油脂、ぶどう糖/pH調整剤、(一部に小麦を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次