MENU

業務スーパーの『ミニいか野菜カツ』はたこ焼きっぽい? 風味・食感・おかず度をチェックしてみた

業務スーパーで販売されている『ミニいか野菜カツ』をご存じでしょうか。

いかのすり身にキャベツと玉ねぎを加えた冷凍カツです。魚介の旨みも野菜の香味もあっさりしており、どこか輪郭のぼやけた中途半端な味わい。しっとりコリコリした食感は個性的なので、おつまみなどにアレンジするのがおすすめですよ。

目次

『ミニいか野菜カツ』の価格・コスパは?

『ミニいか野菜カツ』は375円(税込、税抜348円)で販売中。ミニサイズの冷凍カツが16枚入って、内容量は480g(1枚30g)。カロリーは100gあたり159kcal(脂質 1.7g、炭水化物 27.6g)、1枚あたりは約48kcal。神戸物産が中国から輸入・販売するプライベートブランド品。

コスパ(単価)は100gあたり約78円。『いか野菜カツ』(500g・378円・約76円/100g)の姉妹品で、コスパ的にも横並びです。ちなみに似た商品としては『ひとくちいかフライ』(500g・408円・約82円/100g)などもラインナップされています。

『ミニいか野菜カツ』の調理方法は?

170℃の油に凍ったままの本品を入れて、3枚あたり約3分30秒ほど揚げるだけ。ひとくちサイズなのでサッと火が通ります。味付けの薄い商品なので、別途ソースなどの調味料も用意しておくのがおすすめです。

『ミニいか野菜カツ』の調理方法は?

いかのすり身のベースに、カットしたいかと野菜を加えたひとくちカツ。衣は薄めで標準的なサクサク感です。すり身は基本的にはしっとり食感で、軽くねっとりした感じもある独特の口当たり。他のいかフライ系と同じく、若干好みを選ぶ食感です。

キャベツと玉ねぎはあまり主張せず、軽い香味を添える程度。いか自体の旨みもあっさりしており、味付けは塩胡椒で調えた程度。ミニサイズなのもあって、調味料なしだと満足度の低い小腹フードに留まる印象です。

キャベツのふんわり感とカットいかのコリコリ感が混じって、たこ焼きでも食べているような気分になるのは個性的。それ以外に特筆点は見当たらないので、ソースやマヨネーズでこってり味付けして、おつまみやお弁当おかずに活用するのが無難ですね。

特徴をまとめると以下のようになります。

  • いかすり身にカットいかと野菜を加えた冷凍ミニフライ
  • 味は没個性ながら、サクサクしっとりコリコリの食感は個性的
  • 調味料を足す前提でチョイスしたい、平均点よりちょい下のクオリティ
  • 食べごたえを重視するなら『いかフライ 10枚入』(500g・473円)がおすすめ

商品の評価と詳細情報

ミニいか野菜カツ
総合評価
( 3 )
内容量480g(16枚入)
カロリー100gあたり159kcal(たんぱく質 7.9g、脂質 1.7g、炭水化物 27.6g、食塩相当量 1.0g)
原産国中国
輸入者神戸物産
原材料いか、野菜(キャベツ、たまねぎ)、でん粉、食塩、砂糖、衣(パン粉、小麦粉、でん粉、こしょう)/調味料(アミノ酸)、(一部に小麦・いか・大豆を含む)
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

業務スーパー通いの日々を送るmitok編集スタッフ。酒のアテ探しを主目的にしているものの守備範囲はかなり広い。お値段相応の商品なのか、シビアな目で評価します!

目次